エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ひろしま女性大学同窓会で「ひとりひとりを大事にする男女共同参画」へ全国区での労働運動の決意表明

e0094315_22201848.jpg







【「ひとりひとり」を大事にする男女共同参画へ全国区での労働運動の決意】

ひろしま女性大学福山校同窓会のイベントが鞆の浦でありました。
ひろしま女性大学は、男女共同参画を担う人材育成のため、広島県女性会議(当時)がスタートさせました。わたくし・さとうしゅういちは、その後身となるエソールひろしま大学で七年連続学びました。
本日は、同窓生の皆様と、鯛網を見学しました。
幹事の皆様、また、大本千香子会長(府中市議会議員=公明党=)、ありがとうございました!
この日は、同窓会の皆様に東京にメインの活動拠点を移すこともご報告しました。
「核兵器でも原発でも核の被害がこれ以上広がってはならないというヒロシマの心はぶれず、最終的に国会議員をめざす」ことを強調するとともに、「もうひとつ全国区でやらねばならないことがある。ひとりひとりを大事にするためには、今こそ、新しい労働運動が必要だ。」「緑の党は、女性が国会議員や役員の半分以上が女性でなければならないことが党是だ。」
「しかし、残念ながら、若手女性会員に年配女性と比べると相対的に覇気がない。役員などへの立候補も低調で、参院選や脱原発運動にもだんだん出てこれなくない若い女性が多くなっている。最初はわたしは彼女たちを「もっとがんばれ!」と怒ってしまったが、調べると緑の党内でも若手を中心に悲惨な労働状態が広がり活動どころではなかった。」
「いまや、過労死や過労自殺は男女関係ない。男女共同参画といっても、女性がこれまでの男性なみに死ぬまで働けとなりかねないのが安倍さんの労働法制改悪。」
「疲れきってモノも言えなくなれば、脱原発も参加民主主義も夢となる」と指摘。
「労働組合も枠をこえて立ち上がったが、一方で集会で壇上に立つのは年配男性幹部ばかり。これではいけない。」
「若者・女性も多い緑の党の全国区での労働運動に東京を拠点に取り組む。ひとりひとりを大事にする男女共同参画を実現したい。もちろん、広島は大事な場所。折々では駆けつける。」
などと決意を表明し、緑の党の労働運動プロジェクト機関誌「たまには休もう」を皆様にお配りしました。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/22002926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-05-17 22:20 | 活動報告 | Trackback