人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

東京地下鉄 売店非正規労働者差別撤廃訴訟の第一回口頭弁論

6月19日、東京メトロの売店の女性非正規労働者が、労働契約法第20条に基づき、差別の撤廃を会社・東京メトロ子会社のメトロコマースに求めた訴訟の第一回口頭弁論が東京地裁でありました。 メトロコマースの契約社員は、正社員と同じ内容の仕事をしながら、給与等の面で差別を受けています。 傍聴席は満席でした。メトロコマース側は経営者はおろか、弁護士すら出廷してきませんでした。法的には答弁書さえ出せばよいとはいえ、女性労働者の声を全くまずは聴く、という姿勢さえありませんでした。 法廷のあと、弁護士会館で報告集会がありました。 『月手取り13万円で印紙代だけで14万かかる中で多くの非正規労働者が諦めてしまっている。』『みなさんのカンパのお陰で裁判に漕ぎ付けた。』などと、東部労組の須田書記長から御礼の挨拶。原告からは『今日はみなさんの応援に勇気付けられた。会社の対応にびっくりした。がんばっていく。』『昨日はねむれなかった。非正規はたくさんの人がいる。この運動は止めてはいけない。』『一週間前に一名組合員が増えた。販売員の仲間も応援してくれている。』『みなさんのおかげで、ストが出来て、裁判もできた。七名だけだが、みなさんの力を借りて、日本のいまの体質に歯止めをかけよう。』などと、決意表明。弁護士からは、『昨年から出来た、正社員と契約社員の差別を禁止した労働契約法第20条に基づいて訴えている。』『会社は、正社員の労働条件について、全く情報を公開しようとしなかった。』『今日は書面しか会社は出して来なかった。それをまず開示することを今日は求めた。』『会社は、【役割と責任が違う】などと抽象的に言うだけ。』〝労働法が改悪されようとしているが、労働契約法第20条は、数少ない突破口。全力で取り組む』などと説明と決意がありました。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/22125407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-06-19 16:18 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback