人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

広島市議会全員協議会1(広島土砂災害)

土砂災害対策を話し合う広島市議会全員協議会は、8月28日に一三時からスタートしました。
最初に、議員・当局・傍聴者全員で黙祷。
松井一実市長が被害状況を説明しました。
続いて、担当部局長から、各部局長による対処や、被災者生活支援策を説明しました。
災害による瓦礫などは、出島地区などで処理するそうです。
ついで、議員から発言。
児玉議員は、『災害がおきた場所では警戒区域に指定されていなかった』『砂防ダムが計画されていながら、できていなかった。』と指摘しました。
さらに『ハザードマップが有効かどうか検証して欲しい。』『行政として、地点ごとに情報をあつめ、共有化して欲しい。市のハザードマップは不十分ではない?』などと指摘しました。自由民主党の今田議員は、被災地・安佐北区の議員として質問。
『避難指示が遅かったとされるが、本当にそうなのか検証して欲しい。』と前置き。その上で生活再建のメドについて質問をしました。道路行政担当部長は、『土砂撤去に全力』などと回答しました。土砂撤去については、『土嚢に詰めないでも市が撤去するのか?』などについては『議員ご指摘のとおり』と回答しました。プライバシーや健康管理については『百人以上の避難所には保健師や医師が常駐、また小さい避難所にも回っている。』などと当局は、回答しました。
ただ、今田議員の質問については、自民党系議員からも『もっと具体的に』などの呟きが見られました。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/22337754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-08-28 14:14 | 広島土砂災害(広島豪雨災害)2014 | Trackback