人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

【ボランティアの受付予定人数が少なく見える理由をご説明します】

【ボランティアの受付予定人数が少なく見える理由をご説明します】
https://www.facebook.com/hiroshima.vc/posts/582170801892178?fref=nf

広島市の災害に対して継続的なご心配のお声をくださっていること、心より感謝いたします。

9月18日現在、安佐南区安佐北区それぞれで、被災された住民のみなさんに手助けのご希望があるかどうかのお尋ねを続けています。“ボランティア”と言っても住民のみなさんの多くにとっては会ったことがない人たちです。「望まないものまで捨ててしまわれることはないか」「謝礼はいるのか」といった疑問や不安をお持ちの方もおられるため、丁寧にご説明をしています。ボランティアの助けを得た人が「助けてもらうといいよ」と声をかけてくれることや、ボランティアのみなさんが「お手伝いしましょうか」と近くのお宅に声をかけてくださることが、その大きな手助けになっていることもあります。

「まだまだ多くの泥が残っているのだから、とにかくたくさんの人数で片付けた方が住民の方が安心して生活できるのではないか」という声を多くいただいています。第一に被災された方をご心配くださっていること、本当にありがとうございます。会ったことのないたくさんの人に支援いただけることで、「泥が早く片付いて嬉しい」という声をいただいています。一方で「少し不安です」「大人数だとすべての方にきちんとお相手しないといけないと思って疲れてしまいます」という方も少なからずいらっしゃいます。発災から3週間が経過し、住民の方たちも疲労がたまっており、知らない方とお話することがつらい、という状況にある方もいらっしゃるのが実情です。

広島市災害ボランティア本部では、一刻も早く被災された方たちに元の暮らしを取り戻していただきたいと思っています。そのときにボランティアのみなさんのお力は欠かせないものだとも思っています。ですが、第一に被災された方のお気持ちを大切にし、それぞれの状況に応じてボランティアのご協力をいただきたいと考えています。

今後、生活の再建に向けて泥出し以外にもお手伝いいただきたいことがさまざま出てくる可能性があります。また、重機の作業が完了して活動が可能な地域が増えた場合には、多くのみなさんに集中してのご協力をお願いするかもしれません。

広島市災害ボランティア本部では、安佐南区・安佐北区それぞれで把握したご希望からお願いしたいボランティアの人数を算出し、そこから事前に団体登録いただいている方の人数を引いた人数を、このFacebookページで毎日ご案内することにしています。その人数が被害の現状から見て少なくみえることもあるかもしれませんが、こうした理由であることをご理解いただけますと幸いです。

みなさんのご心配、またご協力に心より感謝いたします。引き続きのご協力を、どうぞよろしくお願いします。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/22397125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-09-18 11:09 | 広島土砂災害(広島豪雨災害)2014 | Trackback