人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

横へのつながり広げ、大資本・大企業のための政治を改めなければならない 山本太郎さん

横へのつながり広げ、大資本・大企業のための政治を改めなければならない 山本太郎さん_e0094315_016783.jpg
山本太郎参院議員(東京選挙区)が9月20日、広島を訪れ、広島市内の喫茶店で60人を前に、熱弁をふるいました。

3.11後、脱原発活動を広島で展開してきた母親の皆様が中心となって開いたものです。

山本議員は「原発とか被曝の話ばかりしても、なかなか、聞いてくれる人は増えない。今日は税金の使い道の話をまずする。」と前置きしました。
そして「消費税増税は何のために使うということをいっていたか?」と会場に問いかけると年配男性から「福祉」という声。
山本議員は「そのとおり。しかし、実際には、大企業、大資本への減税に消えようとしている。」と指摘。
「日本の法人税率35%は高いといわれているが、財務省主税局に質問をしたら「35%の税率で納税している企業は一社もない。」との回答だった。日本の大企業は80もの手段で税金をうまくのがれている。」と租税特別措置に言及。
さらに「消費税増税分も、下請け企業には転嫁させず、大企業は輸出戻し税を受け取っている。」と指摘。

労働法制でも「非正規を増やしてきた。さらに、外国人労働者を際限なく低賃金で入れることにつながるような法律が先の通常国会で通ってしまった。」「TPPがうまくいかなくても、国家戦略特区でそいうことができるよう着々と法律が通っている。」と指摘。
いかに、今の政治が大企業・大資本のためのもので、圧倒的多数の国民の首が閉まっているかを紹介したうえで、
「究極の大企業・大資本のための政治として、原発の問題がある」と締めました。

続いて、会場と意見を交換しました。
会場からは、統一地方選挙へ向けて立候補を予定される方も何人かおられました。
斉藤まさしさんから、選挙戦術についてのアドバイスもいただきました。
統一地方選挙や衆院選については、
「衆議院選挙は奇襲攻撃で解散があるかもしれない。それに備えないといけない。野党共闘が必要。」
「民主主義を30年かけて育てるなどという暇はいまの日本にはない。」
「そして、とにかく、横のつながりで、問題意識を持つ人を広げるしかない」と訴えました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/22404669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-09-21 00:16 | 活動報告 | Trackback