人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

嘉田由紀子前滋賀県知事による武藤貴也議員評

広島ブログ

■嘉田由紀子前滋賀県知事による武藤貴也議員評
(嘉田さんのタイムラインに投稿された質問への嘉田さんのコメントから)
 「武藤貴也さんは政策の柱を自己都合で変える方」というところに集約されると思います。
 このような男は自民党がもし、まともな政党なら切り捨てるべきでしょうね。そう思いました。

(引用)
昨日も知り合いの知事から「嘉田さん、武藤さん知っているの?武藤さんは嘉田さんの政策ブレインだったと公言しているようだけど、どうなってんの?」と質問を受けました。そこで、少し長くなりますが武藤さんと嘉田との接点について、詳しく説明させていただきます。

政治信条として、滋賀県四区選出の武藤貴也さんの今回のシールズに対する発言については強い反感を覚えます。私自身は先日、7月22日に「チームしが」代表として声明文を出させていただいたように、安保法制案の衆議院での強行採決に抗議をし、参議院での法案の廃案を強く訴えています。また戦争については、「だれも殺さず、殺されず、殺させず」という人道的理念を表明しております。

武藤さんを紹介する「ウイキペデイア」に次のような記述がありました。

「2009年4月27日、嘉田由紀子知事を支持する会派の政策スタッフであったが、自民党から立候補することになったことについて、「自民と意見の合わなかったところもあるが、合ったところもある。合わなかったことについては、調整役になって、よりよい政策にすれば嘉田県政のためになる」と発言[1]。」

まず、武藤貴也さんは政策の柱を自己都合で変える方でした。2009年4月、嘉田政策を実現するために連携していた県議会の「対話の会・しがネット」会派の事務局員であった武藤さんは、滋賀県議会の自民党関係者から近くに迫る衆議院議員選挙の自民党国会議員候補に公募しないか声をかけられたようです。当時の滋賀県政の最大課題はダム問題でした。嘉田知事と自民党会派が、県議会が流会になる(2008年12月)ほど対立をしていたのが大戸川ダムや丹生ダムなど、琵琶湖辺のダム問題でした。

その時、武藤貴也さんは県議会の「対話の会・しがネット」会派の事務局員として、特に木沢成人県会議員と意気投合して、徹底的なダム反対を主張して論陣を張っておりました。事務局員の役割を超えて、嘉田が山田・橋下・野呂知事と2008年11月にだしたダム凍結の「四知事合意」声明文は生ぬるいと批判するほどでした。

その人が、自分が自民党の国会議員候補者になれるとなると、一晩にして「ダム推進」に変わりました。私は我が耳を疑うほど驚きました。こんなに簡単に理念や政策を変える人がいるのだと。つまり政策の柱や理念を「自分が国会議員になりたい」という自己都合で変える政治家でした。

また、私が知る限り、武藤さんは、会合の約束の時間も守らず、それでも謝罪もなく、自己中心的な方でした。彼が2012年に一期目の衆議院議員選挙に当選して、定期的に県の幹部を交えて知事と国会議員との意見交換会を行いました。その時にいつも彼は遅刻していました。しかし謝罪はありません。周囲の人間はあきれていました。彼ほどの自己中心的な方はめずらしいです。その彼がシールズの活動を「極端な利己的考え」と非難したことに驚きいっております。私は彼のこれまでの言動から、彼を全く信用していません。

なお「対話の会」について、少し補足させてもらいます。

2006年に新幹線の新駅や滋賀県内の6つのダムなど必要性の低い公共事業の見直しを県民と約束をして県民の皆さんの支持をいただき、滋賀県知事に当選をしましたが、ダムや新幹線新駅などの公共事業推進の自民党会派と鋭く対立しました。そこで2007年には「知事は変わった!次は県議会だ!」という目的で、「対話でつなごう滋賀の会」(寺川庄蔵代表)が県議会選挙に候補者をたて5名が当選しました。民主党も当選者を増やし、結果的に滋賀県政始めての「自民党会派の過半数割れ」が起こりました。

二元代表制の地方自治としては、「対話の会」は嘉田の政策実現を支援する地域政党ですが、代表は嘉田ではなく、首長とは独立した民間人の寺川庄蔵さんでした(ここが首長の橋下さんが代表を務めた地域政党「維新の会」とのちがいです)。また県議会の会派「対話の会・しがねっと」は清水鉄次さんを代表とする五人会派として2007年4月に結成されました。

清水さんによると2007年当時「対話の会」は新人が多く県議会での活動支援の事務員が必要ということで、知り合いを通じて当時公共政策論の学生だった武藤貴也さんを2007年の10月頃にアルバイト事務員として採用したということです。この採用の経緯は後から嘉田は知らされました。






電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!


http://www.amazon.co.jp/広島瀬戸内新聞-エコでフェアな世界をヒロシマから-さとうしゅういち-ebook/dp/B00ZPO9ZC0

安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/23541528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-08-09 15:28 | 新しい政治をめざして | Trackback