人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

GDP年率マイナス1.6%、野党は世界の「反緊縮」踏まえ安倍総理に対抗を

広島ブログ

日本では、2015年4-6月のGDPが年率マイナス1.6%ということです。






みなさんも家計が苦しいとお感じのところだと思います。

物価は上がる一方で、給料が上がらないという状況。個人消費が不振なのは当たり前です。

一方、貿易面は、中国への輸出が不振になっているということ。
中国の株価暴落より前に、すでに実物面で中国経済は減速していました。

(そもそも、こんなに、日中、米中とも、経済の相互依存が進んでいる時代に、「戦争」という想定をするのも非現実的な話ですが。現実には、安倍総理は、結局は、歴史認識面で「安倍談話」で中国のメンツを一定程度立てつつ、アフリカや中東などでいかに、自衛隊を送るか、という路線に舵を切っているでしょう。)

安倍総理の経済政策の誤りは、金融緩和、財政政策そのものではなく、お金の使い道の誤りです。

社会保障を小泉政権移譲のペースで削る、教育費も削る一方で、建設資材不足・労働力不足の中で、大型のハコモノに五輪関連を中心に大金をつぎ込む、お金持ち・大手企業減税に回す、庶民からは増税を行うという点です。

そして、原発の輸出で儲けようとしていること、海外派兵を推進していることです。

その結果、庶民の懐は冷え込んだ。一方で、円安を背景にして、中国への輸出に依存する経済に日本は変化していった。さらに、労働者派遣法改悪など「安く労働力を使い、対中輸出に依存する」体制を強化しようとしているところです。それが、今回の中国バブルの破裂を背景に破たんしていったというところです。

かつて、小泉政権時代も、地方交付税カットなど、国内は緊縮財政にする一方で、アメリカ国債買い為替介入に没頭し、労働者派遣法を改悪。内需は冷え込ませつつ、「安い労働力でアメリカに輸出する」体制の維持を図ったのです。しかし、それは、2008年のリーマンショックで破たんしたのです。

このタイミングで、野党は、どうすべきか。

安倍総理に対する批判は「お金の使い道が間違っている」こと、「原発・海外派兵推進」であることについてすべきです。

いま、世界の左翼の流れは「反緊縮」です。

イギリスでは労働党の党首選で、「人民のための金融緩和」を掲げた候補が健闘しているそうです。

確かに、「安保法案廃案」闘争は大事です。しかし、経済政策の面で、世界の流れもしっかり見ながら、安倍総理への対抗軸を打ち出していくこともまた必要です。


(以下松尾匡先生の情報より)
英語版ウィキペディア経由で見つけましたが、「人民の量的緩和」を唱えるガチ左翼候補ジェレミー・コービンを支持する学者27人の連名の声明文がありました。
http://www.theguardian.com/politics/2015/aug/14/the-labour-party-stands-at-a-crossroads

署名者トップのRichard Wilkinsonは、『格差社会の衝撃』(書籍工房早山)の著者。
次のKate Pickettは、Wilkinsonと共著で『平等社会』(東洋経済新報社)を出しています。
次のSteve Keenは、ポストケインジアン
http://antimainstreameconomics.blogspot.jp/2013/12/blog-post_10.html
下から8人目のSusan Himmelweitは有名なフェミニスト経済学者のようです。

そして、スティグリッツが支持表明し(↓ガーディアンの報道)
http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/nobel-prize-winning-economist-joseph-stiglitz-is-not-surprised-at-success-of-the-corbyn-campaign-10418090.html

クルーグマンも、コービン以外全部ダメと言っています。(↓ニューヨークタイムズコラム)
http://krugman.blogs.nytimes.com/2015/08/04/corbyn-and-the-cringe-caucus/?_r=0

そしてガーディアンは、コービンの経済政策についての、Graham Hunterの次のような文章を載せています。
http://www.theguardian.com/politics/2015/jul/26/jeremy-corbyn-might-just-be-able-to-unite-britains-progressive-parties

"Yes, this alternative economic theory is grounded in the work of
Keynes but it is made relevant to today in the works of Paul Krugman,
Joseph Stiglitz, Amartya Sen and Simon Wren-Lewis among others. It
recognises some so far unheard-of truths."


電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!


http://www.amazon.co.jp/広島瀬戸内新聞-エコでフェアな世界をヒロシマから-さとうしゅういち-ebook/dp/B00ZPO9ZC0
電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」


安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/23576626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-08-18 21:00 | 経済・財政・金融 | Trackback