人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【『人権軽視』で極めて筋が通っているデヴィ夫人の北朝鮮擁護】

【『人権軽視』で極めて筋が通っているデヴィ夫人の北朝鮮擁護】
日本国内では、極右政治家への応援で有名なデヴィ夫人。
安保法案賛成の論旨のブログの中で、北朝鮮の核武装を容認。また、拉致被害者を諦めてほしいともおっしゃっています。
確かに、北朝鮮は三國時代、魏の大軍師・司馬懿に攻められ、燕王を名乗っていたこの地の支配者・公孫淵(こうそんえん)が首を討たれた歴史を持っています。
かつては朝鮮戦争で血をわけた兄弟だった中国と北朝鮮の関係も、中国側の苛立ちは相当なものです。場合によっては、中国側が金正恩を討ち取り、傀儡政権をつくるのでは?という疑念は金正恩側にはある。
あえて、デヴィ夫人を弁護するなら、それを防ぐための核武装をデヴィ夫人は正当化したいのかもしれない。
しかし、デヴィ夫人の目には、核武装予算のせいで飢える北朝鮮国民は目にはいらないし、拉致被害者家族も入らないらしい。
一方で、デヴィ夫人は、戦後日本を根底からひっくり返すような極右政治家を日本国内では支援しています。都知事選挙では田母神俊雄候補のマイクを握りました。
一見矛盾しているように見えますが、筋は通っています。
すなわち、北朝鮮の核武装なり拉致なり、日本の海外派兵なり、『政府がやることを国民の人権に徹底的に優先させる』という思想をお持ちということでは、デヴィ夫人は素晴らしいほど、筋が通っています。
ちなみに、最近では安保法案推進などのいわゆる『ネット右翼』の方々が、朝鮮半島ネタの掲示板では、韓国よりは北朝鮮にエールを送る傾向はあります。
もちろん、わたしは、ひとりひとりの人権を軽視するデヴィ夫人や朝鮮労働党、あるいは基本的人権を否定する武藤貴也議員の思想には反対です。
だが、デヴィ夫人の思想自体は筋は通っていると思います。(ちなみに北朝鮮軍の軍歌は、大日本帝国の軍歌のパクりで、北朝鮮軍の文化にはいまなお、大日本帝国の影響が色濃く残っているそうです。大日本帝国陸軍を見たければ北朝鮮軍を見ればかなり近いとか。)
そして彼女は正直です。
武藤貴也議員らが、デヴィ夫人を見習い、北朝鮮を正当化すれば、極めて分かりやすいのですが。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/23604652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-08-27 01:03 | 国際情勢 | Trackback