人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

オバマ大統領、相対化の場にせず、被爆者の話を聞いて

オバマ大統領の来広。いよいよ明日です。

関連記事

オバマさんに見てもらえばいいのに突貫工事で埋め戻し中(怒)原爆資料館付近


こうした中、オスプレイがオバマ来広に随伴して来るそうです。

また、今度は元米兵捕虜を同行すると言うことです。

他方で、被爆者とは会うが話はしないと言う方向が報道されています。






アメリカ側としては、国内事情もあって、第二次世界大戦全体の犠牲者も悼むという方向にもっていきたいのでしょう。

日本側(安倍総理)としては、広島訪問を実現し、点数を稼ぐ。
同時に、今回の被爆地訪問で、日本人のアメリカへのわだかまりは少しでも低減し、アメリカと一緒に戦争をすることへの心理的抵抗を減らすという狙いもあるのではないか?

まともに被爆者、すなわち、戦争被害者個人にしっかり向き合うという形にはしたくないのではないか。そこまでやってしまうと、結局、アメリカと日本が共同でやる対テロ戦争への逆風にもなってしまうからではないのか?

そのように邪推せざるをえない状況があります。

広島市も広島市。被爆者の話を聞くよう要請するのは良い。

しかし、オバマさんから、被爆遺構を隠すように埋め戻すのはいかがなものか?
腰が引けているのではないか?

いずれにせよ、戦争被害を語る際、被害者個人に向き合わなければその悲惨さは見えてきませんよ。


by hiroseto2004 | 2016-05-26 07:51 | 反核・平和 | Trackback