人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

TPPでは地方の土木建設業は潰れる 山田元農相からのメッセージ

TPP反対運動の先頭に立っておられる山田正彦元農相からのメッセージです。


お願いいたします。シエア拡散して頂けませんか。

TPPでは地方の土木建設業は潰れてしまいます。

第15章公共調達のでは、政府、地方自治体の道路、橋等の公共事業も、いずれ外資企業にも平等に競争入札しなければなりません。

市町村も英語と自国語で入札手続をしなければ゙ならなくなります。

今回は英語義務ではありませんが、15章7条3項には、「公用語以外の言語で提出することが可能な場合に限る」となっています。

しかも、入札の資格を決めるに当たっては、過去の実績をもとにしてはならないとあります。(8条2項)

これ迄、地方でば、地方の工事は地元の業者に入札させてきましたが、此からはゼネコン、外資企業も入れての競争になります。

入札の際の技術仕様書も、海外の業者に支障があるようなことは禁止されています。(15章12条)

それに、日本は外国からみれば、談合社会と見なされていましたが、今回談合は刑事罰に処せなければなりません。(15章18条)

米国の悪名高いベクテル社等は、工事を安く請けて、ベトナム人労働者を連れてきて工事させることも考えられます。

「TPPは関係ない」と、自民党の公共事業に期待している土木建設業の皆さん、自分の首を締めることになります。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/24429392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-06-03 03:08 | TPP違憲訴訟 | Trackback