人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「テレビ局は石田純一の言論の自由を守れ」に多くのご賛同コメントありがとうございます!(2)

「テレビ局は石田純一の言論の自由を守れ」に多くのご賛同コメントありがとうございます!

誰かさんは[数の力=多数決]だけが民主主義と勘違いしている。自分でその事を解っているから、総務大臣や官房審議官に代弁させている。見え見え!


どんな仕事をしていても
個人の権利がちゃんとまもられて欲しいです!


言論の自由を守るべき!    仕事で脅しをかけるなど許せません!


日本は言論の自由というものが保障されているはず。独裁国家でもあるまいし非常に恥ずべき事である。断固抗議する。


芸能人が政治的な発言をすることにより様々な圧力がかかるような事態は石田さんに限った例ではないと聞いています。
そのような多くの事態への懸念も含め、こちらの署名に賛同いたします。


表現の自由を保証してください。


日本は実に異常な国と諸外国から思われているでしょう。


具体的にスポンサーの代理店=電通 も反省してもらわないといけません。
民主主義と自由を破壊して スポンサーに利益が全くないことを教えるこができるのは電通だからです。


石田さんの勇気に、今回のことは見てみぬふりはできません。彼を忘れ去られた芸能人にしてはいけない。


メディアが言論の自由を放棄してどうする!


石田さんの言論の自由が保障されますように。
一般に誤解されるような、軽薄な行動なはずもなく、こうしたリスクが見えながらも立たれた。
しかし、それにしても、スポンサーからの圧力は重すぎます。
石田氏の言論の自由が保障されるよう、心から願います。


俳優の石田純一さんの所属事務所が、2016年7月15日付けで「7月11日をもって政治的発言ができなくなりました。」と発表しました。
石田さんは、8日に「野党統一」を前提に都知事選挙立候補の意欲を示す記者会見をしました。その後、CMの差し替えなどをTV局が行い、スポンサーなどから違約金を請求されていると報道されています。
今回の事件は、こうしたことを背景に、石田さんが脅されたために起きたと考えられます。
そもそも、日本国憲法第21条において言論の自由が保障されています。
言論の自由なくして民主主義もそのほかの人権も守れません。
わたしたちは、石田純一さんのこれまでの俳優としてのあり方、生き方についてはいろいろな意見を持ってはいます。
しかし、「石田純一さんに起きたことは、自分たちの身にも起こりうる」という危機感を持っています。
そして、民間企業とはいえ、「三権と並ぶ権力」とも言われているTV局により、憲法21条が堂々と踏み破られるという事態に憤りを覚えます。
わたしたちは、石田純一さんの言論の自由を奪ったTV局の皆様に厳重に抗議するとともに、TV局の皆様にも「このようなことをしていれば、あなた方も言論の自由を奪われるときがくる。」と警告します。

(署名サイト本文を全文転載)


言論の自由を支持します


このように、理不尽な力のまえで、憲法で保証されている個人の思想、表現の自由をいとも簡単に犠牲にしても平気な、いまの社会と社会人に強く抗議します。


石田さんの勇気ある行動に対して、今唯一市民ができる行動なので、賛同します!


もし石田純一に政治的発言を制限するように求めるならば、政権よりの政治発言をする人々はどうなの?
納得がいかない。


言論の自由は担保されるべきだし、石田さんの勇気を無駄にしてはいけません。


言論の自由、思想信条の自由、そして基本的人権を守ることを断固要求する!


人権



何で思想信条の自由を保障した憲法すら守れないのでしょうか。これでは戦前の思想弾圧にまっしぐらです。


殺・大日本帝国憲法


誰もが思想信条の相違によって権利を侵害されてはならない。言論の自由がなければ、私たちはアイデンティティを失うし、メディアは、存在の基盤を失うと考えます。


「言論の自由」をマスコミ自身が犯すことに強い憤りを覚えます。
後ろの自民党の影が見えるようです。


わたしは、石田純一さんの言論の自由を奪ったTV局に厳重に抗議します!


行動の自由、言論の自由。
政府と対になったTV界の弾圧に憤りと、哀しさを覚えます。
出馬表明は実際の立候補ではありませんから、実際には、その時点も、断念した後も石田さんが出演するTVが電波に乗っても、TV局が公職選挙法に触れることは一切ない訳です。
納得が行きませんので、賛同します。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/24539655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2016-07-20 07:51
タイトル : 「テレビ局は石田純一の言論の自由を守れ」に多くのご賛同コ..
「テレビ局は石田純一の言論の自由を守れ」に多くのご賛同コメントありがとうございます!(2) 言論の自由がある社会は私たちが不断の努力で守りましょう。 言論の自由は守られるべきです。 これは、他人事ではないですね。 唯、石田 純一さんは、憲法で保障された、権利を行使たに、過ぎず、それに対して、言論の自由を封じる、関係マスメディア並びに、スポンサーである企業対して、非常 に憤りを感じる。今直ぐに、圧迫を辞めること。 一国の代表が報道の規制をし、報道関係は 個人に対し...... more
by hiroseto2004 | 2016-07-20 07:31 | 憲法 | Trackback(1)