エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

国連、300万人の移民に対するイランの厚遇を評価

意外ですが、イランは世界最大級の難民受け入れ国です。もちろん、宗教的、言語的に特にアフガン難民を受け入れやすいという素地はありました。それにしても、アフガンでは、ソ連、続いてアメリカの介入で戦争が泥沼化する中で、イランが難民の受け皿になっていたのです。

国連、300万人の移民に対するイランの厚遇を評価

http://parstoday.com/ja/news/iran-i16054

国連のオブライエン人道問題担当事務次長が、「イランは、世界最大の難民の受入国である」と語りました。

イルナー通信によりますと、オブライエン事務次長は4日日曜、イランのラフマーニーファズリー内務大臣とテヘランで会談し、イランによるアフガン難民の受け入れを評価するとともに、「イランは、歴史的に300万人の移民をや難民を積極的に受け入れており、これは世界最大の難民に対する厚遇だ」と述べました。

また、「イランは、自然災害や危機への対策において豊富な経験を有しており、国際社会は、この分野に関するイランの経験や可能性を活用すべきだと考えている」としました。

一方、ラフマーニーファズリー内相も、この会談で、イランに300万人のアフガン難民が存在していることに触れ、「この分野における国連難民高等弁務官事務所の支援は経費全体の2%にも満たない。現在既に、イランの小中・高等学校で35万人、大学では1万1000人のアフガン人が教育を受けている」と語っています。

さらに、生計の確保と代替作物こそが、アフガニスタンの社会状況の改善、そして麻薬の生産や密輸を減らすことへの助けとなるとし、「これに関する国際的な協力が行われなければ、地域や世界で600億ドル相当の麻薬密輸による資金が流れていることから、テロと麻薬が結びつく危険性が存在する」と述べました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/24639370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-09-05 20:17 | 国際情勢 | Trackback