人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

シリアの停戦破綻、アルカイダ系ヌスラ支援や「誤爆」繰り返すアメリカの責任も重大

シリアを巡る米露協議が中断し、停戦が破綻してしまいました。

アサド政権が独裁的であることは確かです。
しかし、アメリカ軍も、これまで、アルカイダ系ヌスラ戦線などを支援してきました。
ヌスラ戦線自身が「ごっつあんです!」
と言っています。
そして、停戦発効後は、シリア政府軍を爆撃しています。
誤爆と言っても、誤爆に見せかけてわざとやったのではないかという疑いはぬぐえません。
イエメンでも殺戮を繰り返すサウジアラビアをオバマさんは甘やかしています。
アメリカは、本当にテロをなくす気があるのか?
戦争を止め、難民発生の元を断つ気があるのか?
大変疑問です。





国連のデミストゥラ・シリア特使が、「国連は、シリアの内戦を終結させるため、政治的な解決法を実現させる努力を続けていく」と語りました。

ロイター通信によりますと、デミストゥラ特使は、声明の中で、シリアの暴力の終結方法に関するアメリカとロシアの協議が停止されたことに遺憾の意を示し、「国連は、終わりのない暴力的な衝突という運命を抱えたシリア国民を放置することはない」と語りました。

アメリカは、3日月曜、「シリアでの暴力停止に向けた努力に関するロシアとの協議は停止された」と表明しました。

アメリカ国務省のカービー報道官は、ロシアがシリアの停戦合意に基づく取り決めを履行していないと非難しました。

一方、ロシア外務省は、シリアの停戦に関する協力の停止というアメリカの決定に遺憾の意を示しました。

アメリカは、ロシアとのジュネーブ合意により、ヌスラ戦線をはじめとするテロリストと、アメリカの支援下にある反体制派を区別すること、テログループに対する共同の対策を行うこと、アレッポの住民への支援において協力すること、シリア危機の政治的な解決に向けた協議を加速することを約束していましたが、これまで、いかなる措置も講じられていません。

国連のパン事務総長は、4日火曜、スイスのジュネーブで、「シリア情勢は、世界で最も悲劇的な問題となっている」と語りました。

また、「一部の関係勢力は、民間人に対してより破壊的な武器を使用しており、これは意図的な戦争犯罪に相当する」と述べました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/24699097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-10-04 21:11 | 国際情勢 | Trackback