人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

南スーダン駆けつけ警護閣議決定後初の反安保法「いちきゅう行動」広島でも

昨日は、南スーダン駆けつけ警護閣議決定後初の反安保法街宣。

本社社主も少しだけ顔を出させて頂きましたが、体調不良にて帰らせて頂きました。


 「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が呼びかけた戦争法廃止の毎月定例の「いちきゅう行動」の19日、広島市では中区本通り商店街入り口で宣伝しました。「ストップ!戦争法ヒロシマ実行委員会」が呼びかけたもの。
 約30人が参加して「戦争法発動反対!」「自衛隊を派兵するな!」「即時撤退せよ!」などの横断幕を掲げてビラを配布。自衛隊の南スーダンからの撤退を求める署名などを集めました。
 山田延廣共同代表や難波健治事務局長らが「戦争法を廃止させよう」とリレートーク。男声合唱団「国鉄広島ナッパーズ」のシンガーソングライター山上茂典さんがギターの弾き語りで平和の歌声を響かせました。
 署名に応じた自営業の男性(35)=三次市=は「日本が紛争解決に協力することは必要かも知れないが、自衛隊員が死ぬということだけは、あってはならない」と語りました。

〔写真〕
宣伝する実行委員の人たち
リレートークをする難波事務局長(奥側中央)
ギターの弾き語りをする山上さん(左端)=19日、広島市中区


by hiroseto2004 | 2016-11-20 06:42 | 安保法案 | Trackback