人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

トランプさんとの会談に「前例ない」と異議、アメリカ政府が事前に伝達

安倍さんは大統領選挙の投票日前にクリントン候補とのみ会談。

てっきりクリントンさんが大統領になると思い込んでそうしたのでしょう。

ところが、トランプさんが大統領になってしまい、大慌てで会いに行った。

まだ、2017年1月20日まではオバマさんが大統領です。

オバマさんは怒ったと言うより呆れた可能性があります。

そういうことは止めてくれという不快感を示すため、ペルーでは正式の首脳会談は出来ず、立ち話にとどまったというわけです。

それでも、安倍総理を支持する方々は「安倍さん頑張ってる」とおっしゃるのでしょうか?

日本は非礼な国と言うことを示しただけではないかと思います。


 安倍晋三首相が米ニューヨークで11月中旬に行ったトランプ次期大統領との会談に関し、米政府が事前に「トランプ氏はまだ大統領ではない。前例のないことはしないでほしい」と強い異議を日本政府に伝えていたことが分かった。日本側は、会談は非公式でトランプ氏提案の夕食会は見送るとして理解を求めた。しかし、米側は納得せず、ペルーでの国際会議に合わせて調整していたオバマ大統領との首脳会談は実現せず、立ち話にとどまった。日米外交筋が4日、明らかにした。

 首相の外交姿勢に対するオバマ米政権の不快感が明らかになった形だ。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/25011120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2016-12-05 16:38 | 国際情勢 | Trackback