人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

国会議事堂前でパトカーに乗用車で衝突 

日本でも、2016年の最後に、対権力のテロが小規模ですが発生しました。

自民党に不満があるなら別の方法はいくらでもあると思います。
ですが、国民を舐めた政治が続けば、何が起きてもおかしくはありません。
「ムラ社会」「ポストモダン」双方の化学反応で、もの申すことがダサいかのような
雰囲気が蔓延している日本であっても、さすがに、臨界点を超えてきたのではないでしょうか?
政治に携わるもの全てが危機感を持つべきです。



「母へ」メモ残し…車がパトカーに突っ込む

日本テレビ系(NNN) 2016/12/31(土) 23:35配信

 31日夜、東京・永田町の国会正門前で、警戒中のパトカーに乗用車が突っ込んだ。車を運転していた30代の男は、「自民党を困らせるためにやった」と供述しているという。

 警視庁によると31日午後7時半すぎ、千代田区永田町の国会正門前で停車中のパトカーに乗用車が突っ込んだ。乗用車を運転していた30代の男は、後頭部にケガをして病院に搬送された。

 パトカーは警備のために無人の状態で停車していたもので、男のほかにケガ人はいなかった。

 乗用車の車内からは男が書いたとみられるメモが見つかっていて、「母へ」と書かれた遺書のような内容だという。

 また、捜査関係者によると、男は「自民党を困らせるためにやった」と供述しているということで、警視庁は衝突の経緯や動機を詳しく調べている。
by hiroseto2004 | 2017-01-01 12:54 | 事故・災害・事件 | Trackback