人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イスタンブール銃撃、ISISが犯行声明/米専門家は「トルコ政府の自業自得」

トルコ・イスタンブールでの銃撃事件。ISISが犯行声明を出しました。
これに関連して、アメリカの専門家が、「この出来事はトルコ政府がISISなどのテログループを支持した結果だが、同時に、エルドアン大統領がクルド人に対してどのような行動をとっているのかに注目すべきだ。なぜなら彼は、国内の政治を配慮し、クルド人との和平に反する行動をとっているからだ」とエルドアン大統領を非難しています。

もともと、エルドアンは、ISISをアメリカやイスラエルなどと一緒に支援してきました。
このことはエルドアン自身も、最近、暴露していますし、公然の秘密でした。

他方で、クルド人に対しては和平を進めず、ISISがクルド人を攻撃するのを歓迎するようなスタンスさえ取っていました。こうした中で、クルド人によるテロが頻発していたのが、2015年前半頃までの状況です。

その後、エルドアンが、西側と足並みをそろえて、ISIS攻撃に渋々乗り出すと、裏切り者に対する報復という形で、トルコが狙われている。

さらに、2016年7月の親米派によるとされるクーデター未遂事件を契機に、エルドアンが、ロシアに事実上降伏。ロシア・イランと連携するようになりました。ISISにとり、エルドアンこそが裏切り者と言うことになったのでしょうか?

翻って、日本も、危ないかもしれない。日本の安倍総理は、「露・アサドvs西側・反政府勢力vsISIS」という事実上の「三国志状態」のシリア情勢において、ロシアと一致したのです。

すなわち、「米英仏の手先」ではなく「ロシアの手先」として日本がISIS(イスラム国)に狙われるという危険も出てきました。






テロ組織ISISが、1日日曜にトルコ・イスタンブールのナイトクラブで発生したテロへの関与を認める正式な犯行声明を出しました。

イルナー通信によりますと、2017年の新年が明けた1日未明、イスタンブールのナイトクラブへのテロ攻撃により、39名が死亡、65名が負傷しました。

容疑者は、現在も逃走中です。

また、被害者のうち、およそ15名は外国人だということです。

ファールス通信によりますと、ISISは正式な犯行声明を出し、このテロ攻撃への関与を認めるとともに、この攻撃はトルコの政府に対して行われ、この中で150人が死傷したとしました。

この声明ではまた、この攻撃はシリア北部でISISへの空爆を行ったトルコに対する報復の中で行われたものであり、今後更なる攻撃が待っているとしました。

トルコ警察も、2日月曜、このテロの容疑者は、ISISと関係のあるトルクメニスタン人か、キルギス人の可能性があると発表しました。

先月にも、イスタンブールで警察を狙った爆弾テロが発生し、2つの爆発が起こったことから、44名が死亡しました。

昨年7月にも、イスタンブールのアタチュルク空港がISISのテロの標的となりました。

アメリカの専門家が、「トルコのテロは、ISISのテロ支援におけるトルコ政府の政策の結果だ」としました。

プレスTVによりますと、このアメリカの専門家はフィラデルフィア発のプレスTVのインタビューで、「トルコ・イスタンブールでの最近のテロについて、多様な点に注目すべきだ」と強調しました。

また、「この出来事はトルコ政府がISISなどのテログループを支持した結果だが、同時に、エルドアン大統領がクルド人に対してどのような行動をとっているのかに注目すべきだ。なぜなら彼は、国内の政治を配慮し、クルド人との和平に反する行動をとっているからだ」と述べました。

さらに、「トルコはかつてISISや他のテログループを熱心に支持しており、現在こうした支持はこの国の国民や政府を危険にさらしている」としました。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/25124059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-01-04 19:16 | 国際情勢 | Trackback