人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

直近の最大のテロ事件 相模原大虐殺は「精神保健福祉法改悪」「共謀罪」で対処できるのか?・・・「植松はエライ人、そんなの常識」の「不寛容先進国日本」にNOを!

直近の最大のテロ事件 相模原大虐殺は「精神保健福祉法改悪」「共謀罪」で対処できるのか?・・・「植松はエライ人、そんなの常識」の「不寛容先進国日本」にNOを!

日本で直近に起きたテロ事件は、「相模原大虐殺」でしょう。遠く、プーチン大統領も、驚愕し、喪に服したという事件。アメリカのケリー国務長官(当時)も事件は「テロだ」と非難しています。

昨日も申し上げたとおり、政府は「相模原大虐殺」再発防止のために精神保健福祉法の改悪を目論んでいます。
批判を受けて慌てて、その目的を提案理由から削除したようです。立法事実は消滅しました。

大虐殺を契機に、差別を強化しようという魂胆は見え見えです。

他方で、共謀罪で相模原大虐殺は防げるのか?
という問題も提起したい。

防げませんよね。植松一人でも19人殺害が「できてしまう」のです。共謀もへったくれもありませんよ。





低賃金労働の中で追い詰められ、追い詰められた勢い余って、抑圧者のイデオロギーを取り入れ、抑圧者の
本当にやりたいことをやってしまった植松という若者。

追い詰められているのは若者だけではありません。
昨年は、宇都宮の元自衛官・栗原敏勝被疑者が、司法への不満から自爆テロを行っています。杉並区でも、夏祭りの票列を狙った年配男性による自爆テロが起きています。

結局の所、人々が追い詰められた挙げ句、他人に不寛容になっていく。

生きることさえ既得権益呼ばわりされる。そういう社会のあり方こそ問題ではないでしょうか?

その結果として弱者は死ね、役に立たない奴は死ね、という価値観、「植松はエライ人、そんなの常識」という状態に日本がなっているのではないか?

それこそ、植松が、万が一、獄中参院選全国区にでもどこかの政党で立候補して、堂々と「タブーなき既得権益打破」とでも叫んだら、当選するのではないか?と本気で考えてしまい、背筋が凍ります。片山さつきさん、石原慎太郎さん、麻生太郎さんと言った政治家が大量得票している現状を見ると、あながち妄想でもないと思います。


世界に目を向けても、生活不安が高まる中で、年配者はトランプ的な候補に投票して溜飲を下げ、若者はISに共感してテロに走る。そういう傾向があります。

しかし、その「不寛容」の先頭を走っているのは、実は我が日本ではないか?

日本の「幸福度」は先進国の中でも低いと言われていますが、その理由の一つが「他者への寛容度が低い」ことにあるそうです。
「intolerance」
という映画をつい思い出してしまいます。

不寛容の先進国日本。他者が生きることにさえ不寛容な日本。共謀罪を導入しようが、精神保健福祉法を改悪しようが第二、第三の相模原事件は防げないのではないか?
それどころか、植松の実行したことが今度はそのまま立法化される日も近いのではないか?
他方で、追い詰められた年配者による自爆テロも相次ぐのではないか?
不寛容とテロの渦巻く日本。

植松を精神障がい者呼ばわりし、精神障がい者を排除して安心していたら、そんな日本、あっという間に来ますよ。

「不寛容」に対して、それは違うのじゃないの?という勇気。自分の家族や地域やなにより自分の中の「植松」に対してNoという勇気。

これが大事ではないでしょうか?


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/25702845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-04-17 11:53 | 相模原大虐殺 | Trackback