人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「安倍に後押しされたトランプの暴走」が「朝鮮」を「脅威」にする・・・「火遊び」が「大火事」に?

関連記事
戦争と新自由主義を止めることがテロ・難民をなくす道

「安倍に後押しされたトランプの暴走」が「朝鮮」を「脅威」にする・・・「安倍の火遊び」が「大火事」になる危険

朝鮮半島情勢を巡って、左翼の皆さんの間でも、大ざっぱに言って以下のような認識に分かれている。

1,「朝鮮半島は戦争前夜だ!」論
2,「安倍が朝鮮を出汁にして共謀罪を企んでいるだけ」論

これまでは、2の「安倍が朝鮮を出汁にして共謀罪を企んでいるだけ」が正しく、「共謀罪」のところに「森友隠し」とか、「安保法」とか「新自由主義」とか、いろいろ安倍が目論んでいることを代入すればだいたいそのときの情勢は理解できるし、今でもそれはおおむね正しい。
(金氏)朝鮮の金正恩「帝」は、「皇室」の護持だけが大切なのであり、核実験やミサイル発射実験などの挑発はしても、自分から先制攻撃をしてくることはあり得ない。
また、アメリカの大統領がトランプ以外(あのブッシュでも)なら、ソウルを火の海にしたり、日本にも危害が及ぶような真似はしないと見てよい。

しかし、問題は「トランプが米大統領である状態」での「安倍の火遊び」が「大火事」につながることである。

安倍が調子に乗って、トランプの言うことに「YES」ばかり言っていれば、トランプもすっかり「その気」になってしまうだろう。そうした中で、偶発的な事件を契機に「よし、やってやろう」とばかりに、先制攻撃、なんてことは、トランプに限ってはあり得る。

トランプはそもそも人種差別主義者と言うことを忘れてはいけない。黄色人種の国が無茶苦茶になろうが知ったことではないのだ。アメリカという国がたった72年前にドイツではなく日本に原爆を実験目的で投下した背景、そして、つい60年くらい前までは、アフリカ系を差別しまくりだったことを冷静に考えれば不思議ではない。

もう一度確認する。ヒロシマとナガサキの犯人はロシアでも中国でも朝鮮でもない。白人主体のアメリカ政府なのだ。

もちろん、トランプも、そう簡単には武力行使はしない。
だけれども、安倍晋三に「全面的に支持する」なんて言われたら「ハイ、そうですか」になってしまいかねないのがトランプという男の怖いところだ。あとで、日本が無茶苦茶になっても「え、あのとき、安倍は賛成したよ?」と言われておしまいになりかねない。

朝鮮(金正恩)の日本攻撃はたとえ無理だったとしても、韓国の原発でも壊されたら、一大事だ。放射能は偏西風に乗って、韓国よりも日本に多く飛んでくる。おそらく日本は終了しかねない。

過剰に、危機を煽り立てる必要はない。しかし、安倍が調子ぶっこいた挙げ句に、過剰にトランプを持ち上げることで、トランプが調子ぶっこいて、朝鮮を攻撃し、そのことにより、朝鮮が自衛権を行使し、朝鮮がホンモノの脅威になることは十分想定しないといけない。故に、安倍を引きずり下ろせれば良いが、せめて、これ以上、安倍を調子ぶっこかせないことが、日本国民の最大の仕事である。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/25720815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-04-24 15:52 | 安倍ジャパン | Trackback