エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【思想・哲学】90代の方に教わる「近代合理主義・立憲主義」のありがたみ

【思想・哲学】90代の方に教わる「近代合理主義・立憲主義」のありがたみ

介護職員としての仕事柄、当然だが、90代の方と話すことが多い。
話し相手の世代別トップは90代だろう。
特に女性の方は
「今は、昔に比べるとええのう。昔は女が先に風呂に入ったら怒られとったがここはそうじゃないからね。」
「今は、昔に比べるとええのう。機械のおかげで洗濯も掃除も楽じゃのう。おむつも昔は洗っていたのが使い捨てに成ってええのう。」
とおっしゃる。
90代だと戦時中もよくごぞんじである。
上記のような、皆さんのお話をうかがうと、立憲主義に基づき、(例え他の先進国に比べて不十分とはいえども)女性の人権も確立したこと。近代合理主義に基づく科学の進歩により、女性の家事負担もそうはいっても軽減されたことが分かる。
わたしが思うには、近代合理主義が原発を生んだのも事実だし、近代合理主義のチャンピオン・アメリカが戦後もずっと空爆しまくりだったのも事実である。しかし、では、合理主義や立憲主義を含む「近代」を否定してしまったら日本に何が残るのか?

現代日本では「左」(反体制)の一部は反原発の勢い余って安倍昭恵さんのような近代合理主義を否定するような人間を祭り上げてしまった。

「右」(体制側)の一部もまた焼きが回って、昭恵さんの夫の晋三さんのような「立憲主義否定」に突き進んでしまった。

そういえば、戦時中、ちょうど75年前の日本は「近代の超克!」などと叫んでみたものの、自滅してしまった。歴史とは繰り返すものなのだろうかと思う。

正直、今の日本人に近代合理性・近代立憲主義を超えるものは生み出せそうもないと思う。「乗り越えた!」と思い込んでも、それは単なる崩壊か退行に過ぎないと思う。

まず日本の現状に於いては、時代状況に合わせた「近代合理主義」、あるいは、立憲主義に基づく方向性をきちんと打ち出していくしかないとおもう。
お年寄りのお話を伺ってそう思うのである。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/25894864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-05 20:10 | 思想・哲学 | Trackback