人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今日のミャンマー=明日の東京?

今日のミャンマー=明日の東京?

小池百合子知事は、都民ファーストの会代表を辞任し、秘書の野田数さんにその座を返しました。

しかし、都民ファーストの実態が小池ファーストであることは間違いないでしょう。

代表ではないが、実質的に君臨する。どこかで聞いたことがあります。ミャンマーの事実上の最高指導者・アウンサンスーチーさんです。憲法上、肉親に外国人(英国人)がいるために大統領になれないので、男性の傀儡大統領(誰だっけ?て感じの人)を立て、自らが実質的には全権を握っています。






しかし、いまミャンマー政府の独裁色はかなり目立ってきています。イスラム教徒への弾圧も目立つ。

まあ、そもそも、アウンサンスーチーを民主化のヒロインだと持ち上げすぎるのが間違いです。

前政権の軍部とアウンサンスーチーの上流階級同士の覇権争いという見方も出来る。言ってみれば安倍晋三=軍部、小池百合子=スーチーみたいな感じです。それでも、まあ、スーチーの方が少し自由主義的、ということはいえるかもしれない。
だが、やはり、堂々と憲法を変えて大統領になるのではなく、傀儡の男性大統領を立てて自分が実権というのは責任の所在が明らかにならないで不味いと思いますね。
それは、都民ファーストの党運営についても同じでしょう。小池百合子=アウンサンスーチー、野田数=ミャンマーの傀儡男性大統領みたいなものです。

他の自治体のことではありますが、くれぐれも東京都民のみなさまには、チェックをお願いしたいです。

「今日のミャンマー=明日の東京」にならないように。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/25894922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-07-05 20:32 | 東京都政 | Trackback