人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

突然、職場放棄する人でも採用せざるを得ない「介護」の危機

俺は基本、労働者に徹底して味方したい。

だけど、介護現場に、「社会人としてみてもどうかな?」という人も多いのが事実。
突然、辞めて、翌日以降のシフトにドーンと穴が開くとか、そういうことが多すぎるのが実情です。


はっきり言えば、就業規則に辞める一ヶ月前には通告しろ、と書いてある以上、辞める一ヶ月前に通告しないのは契約違反である。(判例では、就業規則の規定が一ヶ月前までなら、労基法違反ではない、一ヶ月以上だと違反だということになっている。)

若者だけじゃなく、年配者もその点(「社会人としてみてもどうかな?!」)は変わらない。

「こんなキツい仕事をこんなに安くやってやっている」

というのがみえみえのベテラン労働者も少なからず、利用者に悪影響を及ぼすでしょう。


しかし、突き詰めれば、結局、待遇が悪いから、「この程度」の人も採用せざるを得ない。そういう状況に経営者もある。


安倍政権の介護報酬の引き下げが大失敗だった。


待遇を上げることが可能になれば経営者も「問題人物」を採用せざるを得ない状況は脱却できる。

緊急に手を打たないと、特にご利用者様とご家族が大変です。

国の財源の使いみちを変えれば対策は打てるのです。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/25961407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-08-05 18:43 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback