人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

「市民」が「無知」を自慢にするようなあり方は限界だろう

「市民」が「無知」を自慢にするようなあり方は限界だろう

ある種、市民が「無知」とか「素人」をアピールして、ウケるということが、1990年代半ばから2010年代初頭くらいまではあった。

一つは、既成政党・労働組合などへの不信感から、であろう。若者は、年配労組幹部らの若者の貧困への無理解に不信感を懐き、「市民」は、既成政党の原発問題への煮えきらなさに不信感を懐く。こういうことはたしかにある。
もう一つは東大・京大・早慶などを出て官僚・学者・ジャーナリストなどという感じの「フツーのエリート」が庶民感覚を失っていることへの不信感もあると思う。階級格差が拡大し、一定以上の階級でないといわゆる一流大学へ行けなくなっていることが、官僚や学者などから多様性を奪っているのも事実だろう。

しかし、こうしたことへの憤りの勢い余っての「無知」アピールは、ある意味、安倍総理とコインの裏表ではないのか?

そして、実を言うとそういう「無知」とか「素人」をアピールしてウケを狙う「市民」が、本当の一般市民から乖離しているということも言えるのではないか?
本当の一般市民は、保革問わずそれなりに勉強した人を政治家として望んでいる。

「素人」はまだ良いが、それならそれで、素人なりの視点できちんと政策を打ち出すなど必要だと思う。やたらめったら既成政党へのアンチテーゼばかり言っても生産的では無いと思う。まして「無知」ぶりを自慢するような物言いは止めた方が良い。

どちらかといえば、反自民的な「市民」が「無知」ぶりをアピールして受け狙い、が、安倍総理をもアシストしていることも見逃せないように思う。

このままだと、「安倍」に対しても「市民」に対しても失望が広がり、「やっぱりこんなことならゴリゴリの官僚政治で良いじゃん」ということになりかねない。


by hiroseto2004 | 2017-08-07 10:40 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback