人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

台風18号 鹿児島 南九州市付近に上陸(随時更新)

台風18号が接近

台風の中心が上陸したという意味で、その周りの雨が強い領域、風が強い領域は、中心が来る前から襲ってきます。
「上陸」だけに囚われずに、警戒を!

更新)午前0時頃 トカラ列島が暴風域に
更新)午前2時頃 屋久島地方が暴風域に
更新)午前5時頃 鹿児島県本土に暴風域が掛かり始める。
更新)午前11時半頃 鹿児島県南九州市付近に中心が「上陸」
更新)広島市では9時台と見られる降り始めから13時までに総雨量11ミリ。廿日市市津田では25.5ミリです。
更新)13時頃、四国の一部(高知西部・愛媛南予)が暴風域に入り始める。
更新)13時半スタートのマツダスタジアムのカープ対スワローズはもちろん中止。
更新)14時までに広島市で16.5ミリ、廿日市市津田で35ミリ。
更新)14時40分までに安佐南区祇園山本で累加雨量37ミリ。
更新)15時頃、暴風域が柳井市など、山口県の瀬戸内海沿岸に掛かり始める。強烈な雨雲が広島県芸南地方に掛かり始める。
広島県で西部の累加雨量が50ミリを超える地点続出。
参考 広島県防災WEB全域概況図
更新)15時20分 広島県呉市室尾で累加雨量100ミリを超える。
更新)15時半 広島県呉市倉橋島が土砂災害注意レベルに
参考 http://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/
更新)16時半 広島市東区中山新町(本社近く)累加雨量51ミリに達す。
また、広島県西部で広く土砂災害注意レベル、呉市倉橋島で警戒レベルに。
更新)16時20分 山陽新幹線が広島~博多で運転見合わせ
更新)17時 高知県宿毛市付近に再上陸。北東へ。
呉市室尾で累加雨量182ミリ、中山新町で64ミリ。広島中区の気象台68ミリ。
土砂災害呉市倉橋島南部「極めて危険」広島市西区南部、東区西部・安佐南南東部で「警戒」。
更新)17時20分 広島県西部で累加雨量100ミリ突破の地点続出。
更新)17時40分 広島県呉市室尾で累加雨量200ミリ突破。安佐南区祇園山本などでも100ミリ突破。
更新)17時47分、広島で最大瞬間風速29.1m。
更新)18時 広島気象台で24時間雨量73ミリ。広島市東区の広島瀬戸内新聞本社でも暴風雨。
更新)19時40分頃 広島市で雨がようやくおさまってくる。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170917/k10011143031000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_a

台風18号 鹿児島 南九州市付近に上陸
9月17日 11時38分
大型の台風18号は午前11時半ごろ、鹿児島県南九州市付近に上陸しました。九州では局地的に非常に激しい雨が降り、風も強まっていて、気象庁は土砂災害や川の増水、暴風、高波などに厳重に警戒し、早めの避難を呼びかけています。
気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は午前11時半ごろ、鹿児島県南九州市付近に上陸しました。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこのあと、次第に速度を上げて、17日夜にかけて西日本を通過する見込みです。

今回の台風で厳重な警戒が必要なのが、まず大雨です。最新の雨の状況です。

台風の接近に伴って、九州では局地的に非常に激しい雨が降っていて、午前11時までの1時間には大分市佐賀関で51.5ミリの非常に激しい雨が降りました。また、気象庁のレーダーによる解析で、午前9時までの1時間に大分県佐伯市付近では、およそ110ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。宮崎空港では、この48時間の雨量が470ミリを超えていて、平年の9月1か月分の1.4倍以上となっています。

台風や前線による雨で、大分県の佐伯市と豊後大野市、別府市、竹田市、由布市、大分市、臼杵市、津久見市、宮崎県の宮崎市と延岡市、熊本県の阿蘇市と産山村と山都町、それに伊豆諸島の青ヶ島村に土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されています。

台風や前線の影響で18日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で、雷を伴って非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。

18日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで四国で350ミリ、近畿で300ミリ、九州北部と中国地方で250ミリ、東海と東北、北海道で200ミリ、九州南部と関東甲信、それに北陸で150ミリと予想されています。

次に暴風です。午前11時に鹿児島県の種子島で34.6メートル、午前10時50分ごろに長崎県の雲仙岳で33.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。

西日本では17日、猛烈な風が吹く見込みで、最大風速は九州南部と九州北部、四国、中国地方、それに近畿で30メートル、最大瞬間風速は40メートルから45メートルに達すると予想されています。

また、東日本や東北でも次第に風が強まり、17日の最大風速は北陸と東海で25メートル、関東甲信と東北で20メートル、北海道で18メートル、最大瞬間風速は30メートルから35メートルと予想されています。

海上では九州北部と南部、鹿児島県の奄美地方、四国、それに近畿で8メートル、東海で7メートル、中国地方と関東で6メートルと大しけとなる見込みです。
さらに、瀬戸内海や九州、四国の太平洋側などでは、海岸や川の河口付近の低い土地で高潮による浸水のおそれがあります。

台風が近づくと、急に雨や風が強まるおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風、高波に厳重に警戒するとともに、高潮にも警戒し、自治体の出す避難勧告などの情報に従い、状況が悪化する前に早めに避難するよう呼びかけています。

また、雨が強まってから屋外で作業したり、田畑の様子を見に行ったりするのは危険です。増水した川や用水路には絶対に近づかないでください。

台風はその後、18日にかけて、東日本や北日本の日本海側を速度を上げて北東へ進む見込みで、北海道や東北などでは広い範囲で暴風となり、雨も強まるおそれがあります。

18日朝から19日朝までの24時間に降る雨の量は、北海道で100ミリから150ミリ、東北で50ミリから100ミリに達する見込みです。

気象庁は台風から離れた地域でも17日の日中の明るいうちに、自分が住む地域でどのような災害が起こりやすいか事前に確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26052404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-17 15:02 | 事故・災害・事件 | Trackback