人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

IAEAで、イスラエルにNPTに加盟するよう求める決議が採択

  • イランのIAEA大使、「国際社会は、イスラエルの軍事目的の核活動を懸念」

イランのナジャフィーIAEA大使が、シオニスト政権イスラエルの軍事目的の核活動は、国際社会の懸念を招いているとし、「シオニスト政権は、西側、特にアメリカの支援を受け、この活動を拡大している」と語りました。

ファールス通信によりますと、ナジャフィー大使は、21日木曜夜、オーストリアのウィーンで開催されたIAEA総会で、「イスラエルの核活動は、国際法規に明らかに違反している」と語りました。

この会合では、中東地域におけるIAEAの規定の実施に関する決議が採択されました。

この決議は、賛成123で採択されましたが、アメリカとカナダが棄権し、シオニスト政権は反対しました。

この決議では、シオニスト政権に対し、NPT核兵器不拡散条約に加盟することなどが求められています。

シオニスト政権は、さまざまな報告によれば、およそ300個の核弾頭を有しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26064240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-22 20:54 | 国際情勢 | Trackback