人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

これが蓮舫前代表の「小池抱きつき」の終着点だ・・民進党消滅?

民進党も焦りましたね。そもそも、蓮舫前代表が小池知事に抱きつこうとしたのが痛恨の敗着でした。そのために、小池知事に足元を見られ、議員を引き抜かれていったのです。

小池側には民進党本体と組むメリットはそもそもはなかった。
民進党が合流したら、逆に「希望の党」も「自民も嫌だが民進も嫌」という無党派を失いかねないからです。

希望の党のようなものは、東京など首都圏以外でバカ受けする素地はないでしょう。

民進党は、東京以外でこれまで積み上げてきた市民と野党の共闘路線で議席を取りに行くべきでしょう。最悪の場合、都議選の結果を踏まえれば東京を諦めることはやむを得ないでしょう。他方、希望の党が、東京では都議選の勢いを駆って自民党を倒す。
その線で納めておくべきではないのか?

小池さんも、公明党の離反を受けて焦っている面はあるのではないか?
小池さんも少々調子に乗りすぎた。公明党の離反は、ちょっと想定外ではなかったのか?

素人集団で選挙を回そうと思ったらなんとしても「連合」が必要である、と思ってはいるだろう。

ただ、今の局面では、小池側のほうが、この局面では交渉において強みを持っています。従って、民進党側が一方的に議員を引き抜かれる(に近い)展開になるのではないか?

今回の事態のもう一つの側面は、連合が、かつて社会党(社民党)を捨てて民主党に流れたのと似た構図がすけて見えることです。

ともあれ、新党の実態は右派民主党ないし、新進党-公明党、ということになるのでしょう。
合流するとして政策の中身はどうなるのか?

正直、民進党右派の脱原発後ろ向き&消費税増税推進路線では、確かに、小池(希望の党)のほうがマシに見えてしまう無党派層も多くいるのではないか?そのことが、民進党への求心力低下、そして、小池新党への流れを加速してしまったのも事実。

だが、その民進党右派が選挙で当選するためとはいえ、小池新党へ走って、脱原発&消費税凍結路線にもし走ったとすればそれはそれで皮肉なことです。

繰り返す。やはり、民進党は蓮舫前代表が小池抱きつき路線に走った時点で、こうなるしかなかったのか?

とはいえ、本社としては、立憲野党の候補をきちんと統一して、押し上げていくという方針には変わりはありません。

以下の日本共産党の志位委員長のご発言がもっともだと思います。
共産党派これでいいと思います。
「新党が改憲の立場を打ち出し、安保法制を容認することになると、自民党政治と同じで、自民党に対抗する旗を立てることはできない。野党共闘で追求してきた安保法制廃止、立憲主義回復という点で、希望の党はまったく違う」〉NHK

また、関東大震災における朝鮮人虐殺被害者への追悼文を取りやめるなどした小池百合子さんのスタンスについても、支持できません。

選挙後は、三国志状況=
自民党(議席大幅減少の場合は安倍退陣か?)=田舎のお金持ち+旧来型企業(戦前の立憲政友会的)
希望の党+民進党右派の小池勢力=「ちょい上品ポピュリスト(ないし極右)」世界的にも流行っている女性を前面に押し出した(フランスFNのマリーヌ・ルペンやドイツAFDのフラウケ・ペトリ、ノルウェー進歩党のシーヴ・イェンセン、ローマ市長などが好例)、
立憲野党=(共産、社民、民進左派、フランスのメランション、イギリスのコービン的な勢力)の三つどもえになる可能性が高くなってきました。











民進 前原代表 「希望の党」に事実上 合流したい意向

民進党の前原代表が、衆議院選挙の候補者について、希望者は全員、東京都の小池知事が代表を務める新党から立候補させ、事実上、合流したいという意向を示していることがわかりました。ただ、こうした前原氏の意向には党内の一部に異論があるのに加え、小池氏が党どうしの合流には否定的な考えを示していることから、今後、調整が行われる見通しです。

民進党の前原代表は、26日の党の会合で、衆議院選挙に向けた野党連携の在り方について、「時間の猶予をもって検討する事柄ではなく、そう遠くない時期に判断したい」と述べ、近く、党の方針を決定する意向を示しています。

こうした中、前原氏は27日午後、党所属の複数の議員と会談しました。関係者によりますと、この中で、前原氏は、衆議院選挙の候補者について、希望者は全員、東京都の小池知事が代表を務める新党から立候補させ、事実上、合流したいという意向を示したということです。

そのうえで、前原氏は、28日の党の両院議員総会で提案したいという考えを示したということです。

ただ、こうした前原氏の意向には、党内の一部に異論があるのに加え、小池氏が党どうしの合流には否定的な考えを示していることから、今後、調整が行われる見通しです。

若狭衆院議員「現状のままで民進との連携ない」

「希望の党」の若狭勝衆議院議員は、国会内で記者団に対し、民進党との連携について、「現在どういう話になっているのか、コメントは差し控えたいが、少なくとも民進党が、現状の枠組みのままで、選挙協力の形で連携することは考えていない」と述べました。

そのうえで若狭氏は、「民進党の枠組みが全く変わり、民進党ではなくなるという点と希望の党の政策を本当に受け入れて、一致しているという点の2つの条件が重ならなければ、選挙のために連携するのは矛盾する」と述べました。

党籍残したまま新党の公認候補に

民進党の前原代表が、衆議院選挙の候補者について、希望者は全員新党「希望の党」から立候補させ、事実上合流したいという意向を示していることを受けて、赤松前衆議院副議長のグループは、27日午後国会内で緊急の会合を開きました。

出席者によりますと、会合には枝野代表代行も出席し、枝野氏は、衆議院選挙への対応について、前原代表から説明を受けたとしたうえで、民進党の候補者に党の公認は出さず、党籍を残したまま「希望の党」の公認候補とすることや前原代表は無所属で立候補することなどが報告されたということです。これに対し、出席者からは、「寝耳に水だ」「受け入れられない」といった意見が相次いだということです。

官房長官「政策一致が重要 国民は見ている」

菅官房長官は、午後の記者会見で、「野党の動きで内容は承知していないので、コメントは控えたいが、安倍総理大臣は、あす解散することを明言しているので、選挙に向けてさまざまな動きが出てくると思う。そういうなかで、政策の一致は、極めて重要だ。そして単なるスローガンではなく、具体的にどのように政策を実現していくかを多くの国民の皆さんは見ていると思う」と述べました。

自民党の岸田政務調査会長は、党本部で記者団に対し、「他党の動きについては注視していく。党が合流したら、どんな政党になるのか、また、どんな政策を打ち出すのかといった点に関心を持って見ていきたい」と述べました。

共産 志位委員長 不快感示す

共産党の志位委員長は、千葉市で記者団に対し、「新党が改憲の立場を打ち出し、安保法制を容認することになると、自民党政治と同じで、自民党に対抗する旗を立てることはできない。野党共闘の一丁目一番地で追求してきた安保法制の廃止、立憲主義の回復という点で、希望の党は全く違う」と述べました。

また、志位氏は、民進党の前原代表が、衆議院選挙の候補者について、希望者は全員、東京都の小池知事が代表を務める新党から立候補させたいという意向を示していることについて、「注視せざるを得ず、よく見極めて行動していきたい。野党4党は、これまで何度も、『結束して、安倍政権を倒していこう』という党首合意を結んでいる。公党間の合意をきちんと守っていくことが大事ではないか」と述べ、不快感を示しました。

維新 松井代表「希望の党が駆け込み寺政党に」

日本維新の会の代表を務める大阪府の松井知事は、大阪市内で記者団に対し、東京都の小池知事が設立した新党との衆議院選挙での連携について、「具体的な話し合いには入っていないが、これからいろんな局面があるのではないか」と述べ、含みを持たせました。

この中で、日本維新の会の代表を務める大阪府の松井知事は、東京都の小池知事が設立した新党「希望の党」との衆議院選挙での連携について、「掲げている政策は同じなので、互いに無理にぶつかる必要はないと思う。今の時点で連携するとか、一体化するとかという話は一切ない。具体的な話し合いには入っていないが、これからいろんな局面があるのではないか」と述べ、含みを持たせました。

一方、松井知事は、記者団から、民進党と「希望の党」との連携の是非を問われ、「小池知事の言っているしがらみのない政治どころか、しがらみだらけの、野合の駆け込み寺政党になる。たとえばわれわれの党を出て民進党に戻った人たちが、『もう1回、希望の党で改革をやります』と言っても信用できない」と述べ、望ましくないという認識を示しました。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26074275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-09-27 17:44 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback