人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

批判を受け、政策を付け焼き刃で修正?・・希望の党

批判を受けて「良いこと」ばかりを並べた感はあります。
しかし、同党の体質の問題は大きく広まってしまいました。


Shoko Egawa (@amneris84):
小池さんと仲良しの野田聖子さんや石破さんや鴨下さんや、都政に協力してもらいたい公明党の太田さんの選挙区には候補者を立てないとか、「希望の党」がやっていることは、まさに「しがらみ政治」ではないのかな?小池さんとの関係という新たな「しがらみ」

上記のような、批判も大きく広がっています。なぜ、立憲民主党から出る元同志に刺客を向けるのか?

という疑問も多くあります。


また、政策の内容を見ても
1「原発ゼロ」はそもそも憲法に明記する性質の話ではない。
2,内部留保課税をするくらいなら法人税の租税特別措置を拝する。
3,ベーシックインカムは、ただでさえ手薄な日本の社会保障を切捨てる口実になりかねない。
など、突っ込みどころは多くありますね。
ただ、繰り返すと、ネット上を中心とした希望の党への批判、そして、立憲民主党や共産党が堅調であることが、希望の党の表面的な「左への修正」を引き出したのも事実ですね。


by hiroseto2004 | 2017-10-06 14:50 | 衆院選2017 | Trackback