人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

♯比例代表は日本共産党で、教育負担軽減を

♯比例代表は日本共産党で、教育負担軽減を

「普通教育は無償でないといけない」というのは、そもそも、日本も入っている国際人権規約Aで決まっている。

但し、長年、自民、公明政権は「但し書き」を付けてこれを実行しないできた。そして日本の公的な教育費のGDP比率は主要国最低である。


日本共産党がずっとこれをおかしい、と言ってきた。

民主党2009政権も、共産党の主張を取り入れて、同規約につけてきた但し書きを外した。

自民党は消費税を教育費にも使うという。そもそも、これまでずっと公的な教育費を先進国最低のまま放置してきたのは自民党である。

消費税増税ありきで選挙対策で教育費を持ち出したのは見え見えだ。


そもそも今回の前倒し衆院選の費用だけでも、できることはたくさんある。


もちろん、選挙対策とはいえ、教育におもい腰を上げだした背景には、共産党の存在はあるだろう。共産党も加わる野党共闘に自民党も実は、相当、追い込まれていたのは事実である。


きちんと長年、訴えてきた政党が伸びてこそ、自民党とて重い腰を上げざるを得ないのだ。比例代表は日本共産党、そして選挙区では、教育費の無償化へ政権時代に道筋をつけた民主党出身者も含む野党共闘候補へ。


by hiroseto2004 | 2017-10-16 08:39 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback