人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

政党のイメージカラーの旗やマスコットキャラを持っていくならともかく、国旗を持っていくのはどうかと

政党のイメージカラーの旗やマスコットキャラを持っていくならともかく、国旗を持っていくのはどうかと

かつて、維新政党・新風の瀬戸弘幸さんでさえも、仲間の市議選の応援の際は「国旗の持ち込みはご遠慮ください」と呼びかけたのを覚えている。そのけじめの付け方には、(政治的な考え方は瀬戸さんとは違うが)、ある種の感銘を受けた。

ところが、いまや、現職の与党総裁が、街頭演説に国旗を持って行列での動員を掛けると言うことをやっている。これはいかがなものか?国旗を一政党の応援に使うというのは問題ではないのか?
(国旗のデザインそのものの是非についてはここでは問わない。)

船が航行するときは自国の国旗を掲げないといけない。国旗を掲げないで、外国の領海を航行すれば、それは不審船と見なされて撃沈されても文句は言えない。これは国際法である。
外国の元首を出迎えるときにその国の国旗を振って出迎える。これは相手がその国を代表しているから。
だけど、一政党の選挙運動に利用するのは如何なものか?
国旗をおとしめているのではないか?このように思う。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26126688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-10-22 16:39 | 文化 | Trackback