エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

広島県知事選挙が告示

広島県知事選挙が告示されました。
e0094315_16041666.jpg



 任期満了に伴う広島県知事選が26日告示され、新人で共産党県常任委員の高見篤己氏(65)=共産推薦=と、3選を目指す現職の湯崎英彦氏(52)=自民、公明、民進推薦=の無所属2人が立候補を届け出た。投開票は11月12日。 
 革新系団体の支援を受ける高見氏は、湯崎県政に「県民の暮らしを守る県独自の施策がほとんどない」と批判。福祉の拡充や中小企業の振興などを重視した県政への転換を訴える。
 湯崎氏は、経済対策や人口減少への対応などで「成果が一定程度見える形になってきた」と2期8年の実績を強調。教育改革や新たな産業の育成に力を入れる方針を掲げる。
◇広島県知事選立候補者
高見 篤己 65 共産党県役員 無新
湯崎 英彦 52 知事     無現
            (届け出順)
(2017/10/26-09:17)
本紙では、知事選挙にあたって、高見あつみ候補を応援し、以下のことを提言しています。

10月26日告示・11月12日執行の広島県知事選挙にあたって提言します(随時更新)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26134466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-10-26 12:13 | 広島県政(広島県議会) | Trackback