人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「独善」アメリカvs「腐敗」安倍ジャパンも、「現実解離」中央官僚vs「腐敗しきった」地方自治体も不毛な構図だ

世界におけるアメリカと安倍ジャパンの対比は、国内政治における中央官僚と「腐っている」一部自治体の対比に相似形である。
これは社主が市町村と国=中央に挟まれた県の行政に携わってきた経験から言える。
正直、中央官僚なり、特に新自由主義の中央政治家の出す施策は庶民のニーズと解離している。これはよく批判されるところであるので改めて言うまでもないだろう。介護保険制度については、なんと、庶民のニーズに応えていないのか、そして、なにより、なんと、女性や若者の労働力を安くこき使う制度なのか?役人時代から、そのことに憤慨を覚えたものである。
他方で、腐りきった自治体はある。中央政府(官僚、政治家)への反発の勢い余って、地方(自治体)を過剰に持ち上げることの落とし穴もあると実感した。
首長と議員である首長の配偶者で行政を私物化していた。まるで今の安倍晋三・昭恵夫妻を15年先行して実践していたかのようだった。首長の配偶者であるところの議員が経営する法人の介護事業所に高齢者を勧誘し、お陰でその自治体の介護保険給付が爆上げしていたのだ。周辺自治体と比べても異常だった。その自治体は合併で消滅したが、ヒヤリとした。
こういう自治体は中央にガツンと言われるとおとなしいもので、あっさり新自由主義の急先鋒の官僚や知事(当時)の描いた絵柄通り、合併した。

世界に目を転じるとアメリカは日本における中央官僚みたいなものであろう。

アメリカは手前勝手な理屈で、「民主主義を広げるため」と称して、特に911以降は中東を空爆しまくりである。

当のアメリカは大まじめにやっているけど、余計に反感を買っている点では日本の中央官僚みたいなものだろう。

アメリカは、日本を核攻撃したことについても全く反省はない。その延長上に、「民主主義を広げるために」「核の先制使用」も辞さないわけである。

 武器産業の金儲けのため、という面はもちろん大いにあるし、それは正しいけれど、それだけでは説明できないと思う。アメリカは、「ぶん殴ってでもアメリカのイデオロギーを押し付ける」のは「絶対善」だと信じている節がある。

他方で、日本、特に安倍ジャパンは、腐りきった自治体のようなものだ。夫婦で国政私物化している点などわたしがかつて目にした自治体(町村)うり二つである。
ただ、安倍ジャパンも、腐りきった自治体も、アメリカや中央官僚が来ると表向きはヘコヘコする点もそっくりである。だけど、両者とも、全然、アメリカがかつて日本に指導したはずの民主主義なんてわかってはいない。かつての侵略戦争も反省しないどころか正当化する。

結局、世界の労働者・市民はアメリカ(帝国主義)も安倍ジャパンも批判しないといけない。

アメリカ帝国主義を批判する勢い余って、日本の古くささを免罪してもいけないし、日本の古くささを批判する勢い余ってアメリカを手放しで持ち上げてもいけない。
アメリカには、テロの濡れ衣を着せてイラクを攻撃したことなど、きっちり謝罪させないといけない。安倍ジャパンが戦時中を肯定するのも止めさせないといけない。

そして、日本の労働者・市民は、中央官僚・政治家にも、身近な自治体の政治家に対しても、憲法を守って仕事をしているかチェックしていかないといけないのだ。中央官僚を批判する勢い余って、地方の腐敗に目をつぶってもいけないし、地方の腐敗に呆れて、中央による独裁を支持しても不毛なのである。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26165092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-11-10 10:35 | 安倍ジャパン | Trackback