人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

生活援助に回数制限 訪問介護 2.4万人を対象に 厚労省提案

生活援助に回数制限 訪問介護 2.4万人を対象に 厚労省提案

「全国平均利用回数+2標準偏差」を超える利用を「通常の利用状況と著しく異なる」
なんて、あまりにも机上の空論ですね。

身体機能の低下はあまりないが、認知症の方の場合は特に、一日に何度も生活援助サービスを利用するケースがあるでしょう。

一方で、車いす利用だが、認知症はなくて、たとえば、入浴のみ介助を受けて身の回りのことは基本、自分でされる方もいくらでもおられますよ。

あまりにも、現場を無視した切り捨てを厚労省が打ち出す。
その結果、何が起きるか?

それこそ、安倍総理が公約した「介護離職ゼロ」なんて夢のまた夢になりかねない。

公約実現と「アベコベ」のことしかしない、安倍政府。
やはり、打倒しかない!



 




厚生労働省は22日、訪問介護で洗濯や調理を行う「生活援助」サービスを1日に複数回利用した場合、保険者である市町村が利用について確認・是正する仕組みを設ける方針を示しました。社会保障審議会介護給付費分科会に報告されました。財務相が月31回以上の利用を「効率的なサービス提供が行われていない」として削減を求めていたものに沿った見直しで、利用抑制につながりかねません。

 厚労省は、生活援助中心型サービスについて「全国平均利用回数+2標準偏差」を超える利用を「通常の利用状況と著しく異なる」と指摘。基準を超える訪問介護を行う場合は、ケアマネジャーが市町村にケアプランを届け出ることとし、そのケアプランについて市町村で「地域ケア会議の開催等で検証を行うこと」としました。“著しく異なる”とした利用回数は、要介護2で月33回、要介護3で42回など。生活援助利用の約2万4千人が対象となるとしています。

 一方、厚労省の自治体調査によると、訪問回数が多い48件のうち、保険者が「適切なサービス」と回答したのは46件で、「適切でない」としたものはわずか2件でした。

 同日の分科会で、認知症の人と家族の会の田部井康夫委員は「認知症の人にとっては月31回以上の利用が必要な状況は十分に想定される。自治体調査をみるとほとんどの人に認知症があり、月31回以上の利用が必要なのが現実だ」と指摘。自治体調査により在宅ケアの厳しい実態が浮き彫りになったと述べ、「回数が多いことを取り上げるならば在宅ケアの方向性を示す好事例として取り上げられるべきだ」と強調しました。

 生活援助 訪問介護サービスのうち、入浴や食事、排せつなどの援助といった身体に直接触れて行う「身体介護」以外のサービスです。掃除、洗濯、調理などの日常生活を援助するサービスで、住み慣れた居宅で暮らし続けるうえで重要な援助です。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26211975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-11-23 11:14 | 役人からヘルパーへ | Trackback