人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

日本首脳がまた対米で「刃傷松の廊下」症候群を発症しなければいいのだが

「ムカついたから白人にちょいと反抗してやろう」という大阪市長と安倍総理の危険な火遊び

日本首脳がまた対米で「刃傷松の廊下」症候群を発症しなければいいのだが

日本の対米感情には以下のような傾向があると思うのです。
遺恨を堪え忍んで最後にドッカン。
これ、どこかで見たことありませんか?
そう。忠臣蔵。刃傷松の廊下の浅野内匠頭長矩。
「積もる遺恨を堪忍の二字で耐えたる長矩も武士には武士の意気地あり」
です。
かつての日本がそうでした。
さしづめ
「奇襲に及ぶ刃傷の血涙哀し真珠湾」
「各々方、各々方、ジャパン殿刃傷にござるぞ」
でしょう。
そして世界からフルボッコ(切腹・改易)に。
「花の命もさながらにジャパン三代77年、日本の国もこれまでか。君君足らずとも臣は臣。許せよ我をこの無念」
と無責任なことを言われても、死んだ国民も巻き込まれた外国人も浮かばれませんね。
だけど、大阪市長や安倍総理の動きをみているとそういう方向に向きかねない。
「今まで散々アメリカに尽くして来たのに、慰安婦像を受け入れやがって」
という逆恨み での暴走がないとは言えない。
日本人の浅野内匠頭に同情的な部分が最悪の場面ででないことを祈るばかりです。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26217304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-11-25 08:37 | 安倍ジャパン | Trackback