人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

厚労省:障害者の食費負担、軽減廃止を提案 検討会議

選挙が終わったとたん怒涛のサービスカット&負担増

選挙が終わったとたん、新自由主義を信奉する財務官僚の絵柄どおりの怒涛のサービスカット&庶民増税案です。
安倍晋三も森友事件で財務官僚には、かばってもらったから、「政治主導」でのストップをかけることはないでしょう。
以前よりも安倍政権の政策は新自由主義寄りになる力学が働いた。
「新自由主義官僚」と「腐敗総理」の最悪の妥協で国民はよい迷惑です。


 厚生労働省は27日、来年度の障害福祉サービスの報酬改定をめぐり、障害者の自立支援や就労支援などを行う通所系サービスで、食費負担の軽減措置の廃止を検討会議で提案した。しかし、対象者は数十万人に上るとみられ、委員からは「唐突だ」など慎重な意見が相次いだ。

     サービス事業所が、施設内で調理して利用者に食事を提供した場合、1回約300円が事業所への報酬に加算される仕組み。調理などの人件費相当分を公費で賄い、利用者は食材費のみを負担する。

     国が報酬加算の対象としているのは、おおむね年収600万円以下の世帯の障害者。軽減措置が廃止された場合、月最大6600円(22日間)の負担増になる可能性がある。

     2006年の旧障害者自立支援法で食費は全額自己負担が原則とされた。激変緩和で時限措置が設けられたが、今年度末で期限を迎える。厚労省は延長しないと提案したが、今後、対象者や加算額の規模を推計するなどし、議論を続ける。【山田泰蔵】


    トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26224794
    トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
    ※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
    by hiroseto2004 | 2017-11-28 22:02 | 事故・災害・事件 | Trackback