人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

やればできるじゃないか日本。「エルサレム首都認定撤回」求める国連総会決議賛成

やればできるじゃないか!日本。
国連総会で採択されたエルサレム首都認定撤回を求める決議案。
日本も賛成しました。
アメリカに全く忖度せず、欧州や中東諸国と歩調を合わせました。
核兵器禁止条約ではできなかったことが中東外交ではできているじゃないですか?
いくら金本が兄貴でも新井がタイガース戦で手を抜いてはいけないのと同様、いくら
アメリカが日本の兄貴のような国でも言うべき時は言えばいいのです。
  • 日本官房長官、国連決議に沿った聖地の問題解決を強調

日本が、聖地ベイトルモガッダスの地位は、国連決議によって定められるべきだとしました。

APTNが22日金曜に伝えたところによりますと、日本の菅義偉官房長官は、東京で行われた記者会見で、ベイトルモガッダスに関する国連総会について、「イスラエルとパレスチナ間の紛争は、国連決議などに基づき、当事者間の交渉により解決すべきだ」と語りました。

菅官房長官はまた、「こうした立場を踏まえて、国連総会の決議案に賛成した」と述べました。

21日木曜に行われた国連総会で、ベイトルモガッダスに関する決議案が賛成128、反対9、棄権35により採択されました。

この決議により、国連がベイトルモガッダスを正式にシオニスト政権イスラエルの首都と認定することはなくなりました。

アメリカのトランプ大統領は、今月6日、ベイトルモガッダスをシオニスト政権の首都と正式に認め、アメリカ大使館をベイトルモガッダスに移転するよう指示しましたが、これは世界的な反発を招いています。








  • 国連総会で聖地に関する決議案が採択

アメリカとシオニスト政権イスラエルの要請をよそに、聖地ベイトルモガッダスに関する国連総会の決議案が採択されました。

アメリカのトランプ大統領の、ベイトルモガッダスの地位を変えようとする決定に反対する国連総会の決議案が、21日木曜、賛成128、反対9、棄権35で採択されました。

この決議により、国連がベイトルモガッダスを正式にシオニスト政権の首都と認定することはなくなりました。

トランプ大統領は20日水曜、国連総会の場で、アメリカの決定に反対した国に対する資金援助を打ち切ると脅迫していました。

イランのホシュルー国連大使は、ベイトルモガッダスに関する国連総会の緊急会合で、シオニスト政権は中東の危機の中心であり、それを超える存在だとしました。

ホシュルー大使はまた、この中で、アメリカは可能な限り、シオニスト政権を制限なく支援しているとしました。

パレスチナ自治政府のマーリキー外相も、国連総会の演説で、ベイトルモガッダスをシオニスト政権の首都とするトランプ大統領の決定は、危険な行為であり、アメリカは和平交渉の仲介役になることはできないとしました。

トルコのチャブシオール外相も、この会合で、「聖地を首都とする安保理常任理事国の1カ国の決定は、国連決議などの国際法規に対する蹂躙であり、国際的な原則すべてに対する侵害だ」と語りました。

チャブシオール外相はまた、「非難決議に賛成した国に資金援助を打ち切るという脅迫は、受け入れがたい倫理に反する行動だ。パレスチナ人は決して孤立していない。安保理常任理事5カ国だけが世界に存在しているのではない」としました。

アメリカのヘイリー国連大使は、国連総会の演説で、「アメリカ大使館はベイトルモガッダスに移転する。どのような意見もそれを妨げないが、本日の採決によりアメリカの国連に対する見方は変わっている」としました。

シオニスト政権のダノン国連代表は、古い時代の貨幣を手にして、ベイトルモガッダスはイスラエルの首都であり、今日、国連総会が開催されるのは恥ずべきことだと主張しました。

ヘイリー国連大使は、ダノン代表の演説の後、退席しました。

非同盟諸国の議長をつとめるベネズエラの国連代表も、この国連総会で、非同盟諸国は、ベイトルモガッダスをパレスチナの一部だとしているとしました。

パキスタンの国連大使も、アメリカの脅迫に対し、断固たる立場を譲ることはないとして、今日、パキスタンは、アメリカ政府の決定を非難するため、栄誉ある形で、ほかの世界の国と結びついたとしました。

シリアのジャアファリ国連大使は、「シリアはテロとの戦いの中、決してその立場を譲ることなく、また、パレスチナの支持をやめない」としました。

キューバの国連大使も、キューバはパレスチナに対する歴史的な立場を維持し、この決議に賛成すると語りました。

この会合は、トランプ大統領が今月6日に、ベイトルモガッダスをシオニスト政権の首都と宣言した中で行われました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26312302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-12-23 10:30 | 国際情勢 | Trackback