エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

アメリカ国民の過半数が、聖地に関する同国大統領の決定に反対

アメリカでも、トランプの決定に反対する人が多いと言うことです。





  • パレスチナの支持者
    パレスチナの支持者

ある世論調査で、アメリカ国民の3分の2が、アメリカ政府は、パレスチナとシオニスト政権イスラエルの問題において、シオニスト側を支持すべきではないとしています。

CNNテレビによりますと、今月14日から17日にかけて、1001人のアメリカ人を対象に行われた世論調査の結果、アメリカ人の49%が、在イスラエル・アメリカ大使館をテルアビブから聖地ベイトルモガッダス・エルサレムに移転することに反対していることが明らかになりました。

聖地ベイトルモガッダス

また、アメリカ人の45%がトランプ大統領による聖地の首都認定に反対しています。

トランプ大統領は、今月6日、聖地ベイトルモガッダスをシオニスト政権の首都に認定すると共に、アメリカ大使館の聖地への移転を指示しました。

パレスチナ

国連総会も、21日木曜、トランプ大統領のこの決定を非難する決議を採択しました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26319816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-12-24 21:54 | 国際情勢 | Trackback