人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラン外相が、イエス・キリストの生誕日に際し、祝辞

ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も神様は一緒。
ムハンマドが最後の預言者ということなのです。





  • イランのザリーフ外務大臣
    イランのザリーフ外務大臣

イランのザリーフ外務大臣が、平和をもたらす預言者イエス・キリストの生誕日に際し、祝辞を述べました。

ザリーフ大臣は、23日土曜、ツイッター上で、コーラン第3章イムラーン章イムラーン家のある節を引用し、「天使たちは(聖母)マルヤムに対し、“神は自分の言葉で汝らに吉報を与える。それは、マルヤムの子イーサー・マスィーフの誕生である。この子は、現世でも来世でも、名誉あり、神の側近でもある」と記しました。

ザリーフ大臣はまた、「イエス・キリストの生誕日に際し、全ての人々に喜びや平和を祈り、新年において、全ての人々がイエスによる平和のメッセージを受け入れるよう希望する」と語りました。

12月25日は、イエス・キリストの祝福すべき生誕日、クリスマスに当たります。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26319829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-12-24 21:57 | 国際情勢 | Trackback