人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

小学校、保育園に中傷続く=基地周辺「住むのが悪い」―米ヘリ部品落下・沖縄

「市教委幹部は「事実誤認も甚だしい。子どもがけがしてもいいと、同じ日本人が言っていると思うと悲しい」と話している。」
もはや、「排外主義」ですらない。どちらかというと、大分県で今年発覚した「村八分」や、全国各地の学校で今も続いている「いじめ」と大人たちによる「隠蔽」に近いものも感じます。「被害に遭う方が悪い」という理屈です。
これは、「ポストモダニズム」(笑)による「相対化」(笑)であり、「相対化」(笑)が、近世的なものを復権させるという
事態がいま、日本全国で進行しているように思えます。





米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の米海兵隊CH53E大型輸送ヘリコプターの窓が、隣接する普天間第二小学校に落下した事故。「学校は後から造った。同情の余地はない」など誹謗(ひぼう)中傷する電話が、同校と市教育委員会に相次いでいる。市教委幹部は「戦争で逃げ惑い、ブルドーザーで自分たちの土地を基地にされた歴史がある。事実を認識してほしい」と話す。

 市教委の話では、21日までに寄せられた電話は32件。喜屋武悦子校長が謝罪に訪れた米海兵隊幹部に対し「学校上空を飛ばないよう回答いただきたい」と要望した後には、東京在住を名乗る男性から「沖縄は基地のおかげで暮らせている。落下物で子どもに何かあっても、お金があるからいいじゃないか」との電話があった。

 市によると、同校は1969年に開校。人口過密による土地不足から、やむなく隣接地に建設した。「当時は現在ほど普天間の運用は激しくなかった」(市担当者)が、同飛行場の機能拡充に伴い、教育環境は悪化していった。

 誹謗中傷の電話は、7日に米ヘリの部品が見つかった近くの「緑ケ丘保育園」でも続いている。「ここに住んでいるのが悪い」などとする電話が1日に4、5件寄せられるという。神谷武宏園長は「歴史も知らずに中傷している」と憤る。

 県によると、普天間飛行場は複数の集落を強制的に接収し造られた。戦争で避難していた住民らは元の土地に戻ることができず、周辺に住まざるを得なかった。

 市教委幹部は「事実誤認も甚だしい。子どもがけがしてもいいと、同じ日本人が言っていると思うと悲しい」と話している。 


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26321418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-12-25 07:22 | 沖縄 | Trackback