人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

精神疾患で教員休職 依然として高水準に/16年度 文科省が調査

精神疾患による教師の休職者は依然高水準。このまま放っておけば大変なことになります。


 うつ病などの精神疾患で休職した公立学校の教員が2016年度は4891人となり、依然として高止まり傾向にあることが27日、文部科学省の調査でわかりました。

 公立小中高校や特別支援学校など、管理職を含む教員約92万人を対象に、休職者や処分者について調べたものです。

 病気が理由の休職者は7758人でした。

 このうち、精神疾患による休職者は前年度より減りましたが、5000人前後と高水準で推移しています。休職者のうち、精神疾患を理由とする人の割合は63%と増加(グラフ参照)。学校種別でみると、高校と特別支援学校が2年連続で増えています。

 新規の条件付き採用教員のうち、病気が理由で依願退職し、正式採用にならなかった教員は110人。正式採用にならなかった人の3割超を占めています。このうち精神疾患によるものは、前年度より27人増の100人にのぼりました。

 本人の希望に基づいて管理職を降りる「希望降任制度」の利用者は282人と横ばいですが、主幹教諭からの希望降任は12人増加。育児休業にかんする代替要員の配置状況では、「特段の措置なし」が1%ありました。

図

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26348540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2017-12-28 10:56 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback