人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

人材を腐らせる「霞ヶ関ジャイアンツ」問題とその解決

人材を腐らせる「霞ヶ関ジャイアンツ」問題とその解決

霞ヶ関の行政事務のえらい人集団というのは、高給(天下り人件費込み)で人材を腐らせているのではないか?

これはまるで、江藤智(元カープ)とかの人材を囲いこみ、腐らせるジャイアンツのようなものである。江藤なんて、カープにいたらもっと記録は残せたし、タイトルも取れたろうに。

他方で、公務員でも獣医は不足、労働基準監督官なども不足である。
我々、介護や保育など現場公共サービスの賃金も低い故の人手不足だ。

さらに、公共サービスを非正規職員や派遣、業務委託職員が低賃金で担っている。

こうした状況を打破することは必要な改革だ。

公共サービスの賃金はやはり、非正規、民間から行政事務のえらい人に至るまで、「公開ガチンコ」の労使交渉で決めるようにすべきだろう。
防衛や警察も含めた公務員の労働基本権の回復を改めて提案する。
また、人材が不足している部署や自治体へのFA移籍も認める。人材不足対策はある程度これで解決する。介護や保育などの給料が上がればわたしのように、行政事務から介護へコンバートする人材も増えるだろう。

これでよいだろう。介護や保育などの給料が上がれば本社社主のように、行政事務から介護現場へコンバートする人材も増えるだろう。

もちろん、労働組合も対応した意識と組織改革が必要なのは言うまでもない。

備忘録 日本の新自由主義とは「行政事務のエライ人」主導の新自由主義

日本の新自由主義の大きな特徴は、行政事務のエライ人主導である点である。

日本では、行政事務のエライ人が若いときにアメリカに留学し、新自由主義の経済学を偏って学んでくる。

そして、それを、財務省なり、総務省なり、経産省なりで「実践」し、現場サービスを削り、現場従事者の給料を削ってしまっているのだ。

他方、行政事務のエライ人にサービスを削られた一般国民はともすると勢い余って「公務員全般」に憎しみを向けてしまう。その結果として、ますます、サービスがカットされるという悪循環も起きている。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26555809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-01-11 20:28 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback