人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『炎と怒り』の裏側にあるもの

アメリカ全体の相対的な地位低下の中でトランプという男が大統領である。それがホワイトハウス暴露本「炎と怒り」
に注目が集まる理由ですね。






  • トランプ大統領
    トランプ大統領

アメリカの歴代大統領は、常に国際世論の注目を集めています。    

トルーマン大統領の日本への原爆投下の指示、ケネディ大統領が国内の陰謀の犠牲になったこと、ニクソン大統領のウォーターゲート事件による失脚、クリントン大統領の不倫問題などは、世界の人々を驚愕させました。しかし、理性があり、精神的な問題を抱えていないと証明しようとする大統領の努力が、今回ほどニュースになったことはありませんでした。

トランプ大統領、ツイッター

トランプ大統領は、ほかの大統領と違い、ツイッターに依存していること、発言が一致しないこと、北朝鮮への脅迫やカタールへの疑惑などについて思いつきで発言すること、移民や有色人種への蔑視、スポーツ選手や芸術家への攻撃などにより、アメリカ大統領の地位を最低の水準に下げています。

『炎と怒り』

今年はじめに出版された、ホワイトハウスの暴露本『炎と怒り』がアメリカの人々の支持を集めている理由は、ホワイトハウスの権威が失墜していることの中に伺うことができます。

総合すると、アメリカの政治体制は、世界各地における、特にロシアと中国と対抗する中での、影響力の低下に伴い、国内でも、大統領の信用と地位の低下に直面しているということができます。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26618742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-01-15 19:21 | 国際情勢 | Trackback