人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

引き続き「エストニアで朝鮮の脅威吹聴するより訪朝で拉致解決を」と訴え

引き続き「エストニアで朝鮮の脅威吹聴するより訪朝で拉致解決を」と訴え_e0094315_15272035.jpg



引き続き「エストニアで朝鮮の脅威吹聴するより訪朝で拉致解決を」と訴え_e0094315_15274345.jpg



本社社主・さとうしゅういちは、1月15日も広島市安佐南区内各地で街頭演説を行いました。
安倍総理がエストニアを訪問し、朝鮮のミサイルの脅威を強調したことについて、
「総理は外国で相手の興味のないことを騒ぐより、朝鮮を訪問し拉致問題の解決をはかったほうが
いいのではないか」
と強調。
「憲法を変えて武器をたくさん買っても、武力衝突がひとたび起きれば
日本人ひとりひとりの命を守ることにはならない。冷静に考えるべきだ。」
などと訴えかけました。
さらに、総理が来日中のICANのフィン事務局長に会おうとしないことについて
「耳にいたいことを言われるのが嫌なのだろうが、たとえば、日米安保を結んだままでもとりあえず核兵器禁止条約に加入するにはどうすれば良いか、など知恵を借りれば良かったのではないか?」
などと苦言を呈しました。

関連記事

フィン事務局長「条約に署名したからといって、同盟国との関係が崩れることはない」 総理に核禁条約署名促す






トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26673207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-01-19 15:37 | 暮らしに憲法を生かす政権交代 | Trackback