人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

社会党のオランドが、戦争とテロの連鎖に火を付け、「反ルペン大連合」で当選したマクロンが油を注ぐという皮肉

社会党のオランドが、戦争とテロの連鎖に火を付け、「反ルペン大連合」で当選したマクロンが油を注ぐという皮肉

フランス大統領・エマニュエル・マクロンは、18-21歳の男女を対象に徴兵制を復活させるという。

フランス帝国主義は、長年、植民地支配を中東・アフリカのムスリムに対して行い、現代においては空爆しまくりである。

テロにせよ中東・アフリカからの難民問題にせよ、背景には「フランス帝国主義による植民地支配&空爆しまくり」があるのは間違いない。

しかるに、マクロン大統領はテロ対策と称して徴兵制を復活させるという。

徴兵制は15年前、保守系のシラク大統領の時代に廃止され、同じく保守系のサルコジ大統領もそれを踏襲してきた。

皮肉にも社会党のオランド大統領が、2015年にシリア空爆に参加。そのとたんにテロが発生した。フランソワ・オランドこそが難民問題を深刻化させ、さらに、フランスにテロを招き寄せた犯人である。

さらに、昨年、皮肉にも、極右と言われたマリーヌ・ルペンを破った、エマニュエル・マクロンこそが、「テロ対策」と称して徴兵制を復活させるという。

社会党のオランドが、戦争とテロの連鎖に火を付け、「反ルペン大連合」で当選したマクロンが油を注ぐ。

なんという皮肉なのだ!?

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26695544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-01-20 19:00 | 国際情勢 | Trackback