人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

朝鮮半島危機の仲介役としてのカザフスタン

カザフスタンは、ソ連崩壊後に核保有国になりましたが、核兵器を放棄した経験があります。
そういう意味からも、朝鮮半島問題の仲介役として期待できますね。





  • ナザルバエフ大統領
    ナザルバエフ大統領

カザフスタンのナザルバエフ大統領が、カザフスタンは朝鮮半島危機の解決に向けた仲介役を担う用意があると伝えました。

カザフスタンのナザルバエフ大統領(右)

ナザルバエフ大統領は19日金曜、国連安保理会合で、国連安保理常任理事国5カ国に対して、北朝鮮の信頼醸成と、この国を協議の関につかせる重要な条件として、さまざまな保障を与えるよう求めました。

日本、アメリカ、中国、ロシア、韓国、北朝鮮による、朝鮮半島の核問題を解決するための6カ国協議は2008年末から、アメリカの敵対政策とアメリカが北朝鮮に対する責務を守らなかったことで、中止されたままとなっています。

アスタナにおけるシリア和平協議

ナザルバエフ大統領の言葉は、カザフスタンがアスタナにおけるシリア和平協議の開催の後、今、それによってつけた自信により、国際舞台における役割を拡大しようとしていることを示しています。北朝鮮の核問題の仲介役に関するカザフスタンの表明は、カザフスタンがその役割により、自国は独立国であり、国際平和の支持国であることを示そうと努力していることを明らかにしています。カザフスタンの仲介者としての伝統に、歴史的なルーツがあるということもまた、注目すべきでしょう

ナザルバエフ大統領とプチン大統領

カザフスタンのアシクバエフ外務次官は、これ以前に、メディアに対して、「我々は国際舞台で対話を行う力があると信じており、国際舞台の仲介者としてのわれわれの能力は増している」と語っています。

カザフスタンはこの分野に関して、いくつかの利点を有しています。その一つ目は、世界の大国が自国の利益に注目し、カザフスタンのこの提案を支持していることです。中国は、シルクロード構想の拡大に向けた努力により、ロシアは中央アジアに対する恒久的な影響力への志向により、アメリカはこの地域の国々との昔からの関係の維持のために、カザフスタンの行動を肯定的に見ています。

一方、国際問題に関するカザフスタンの中立的立場と、大国の間に入り込んでいることにより、対立の当事者はカザフスタンを否定的に見ることはありません。この肯定的な見方は、仲介役を果たす上での重要な要素であり、これは危機解決をより速やかにします。もしこの見方がなければ、協議は失敗することになります。

ラッシーナ・ゼルボ包括的核実験禁止条約機関事務局長も、あるインタビューで、「カザフスタンは核兵器の削減に参加した前歴により、核問題の協議の仲介役における先進国となることができる」と語りました。

これに関して、カザフスタンがその独立した立場と、国際平和におけるその重要性を理解し、世界の大国や干渉的な国に対して、このような役割を逸脱させるのを容認しないことが必須です。

この役割の維持と固定化により、地域と世界は安定へと向かい、カザフスタンには多くの経済的、政治的な利益がもたらされることになるでしょう。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26701835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-01-21 20:26 | 反核・平和 | Trackback