人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

サウジ王子大量逮捕の目的の一つは「財政再建」

ムハンマド皇太子の権力基盤強化(ライバル追い落とし)とともに、財産没収→財政再建が王子大量逮捕の目的の一つでしたね。
それにしても、保釈金1000億ドルとは凄まじい。
そして、これは荒療治に過ぎると思いますが。
本来なら、普段から公正な税制を取っていればこういうことにはならなかったのでしょう。しかし、サウジアラビアは「サウード家のアラビア」という意味の国名です。いわゆる近代の租税国家ではなく「家産国家」(王室=国家)ですから、いつか、こういう形で矛盾が噴出するのは避けられなかったのでしょう。






サウジアラビアの検事総長が、汚職問題で拘束中の王子らから、総額1000ドルの保釈金を回収する意向を明らかにしました。

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン王子は昨年11月、汚職捜査を理由に、同国の王族や資産家など200人以上を逮捕拘束しました。

西側筋は、サウジアラビア政府が大規模な赤字予算を抱えていることから、ムハンマド・ビン・サルマン王子は拘束中の王子の資産の3分の2を保釈金として回収し、彼らを釈放すると見られるとしています。

拘束中の王子らの口座から回収された数十億ドルの資産は、サウジアラビアの国庫ではなく、ムハンマド・ビン・サルマン王子の監視下にある王宮の口座に移動されています。

サルマン国王とムハンマド・ビン・サルマン王子

イスナー通信によりますと、サウジアラビアの検事総長は22日月曜、同国の政府関係者が汚職捜査の決着に向けて1000億ドル以上を獲得する可能性があるとしています。

また、今月30日までに汚職問題の容疑者らとの協議を終了させることに触れ、「政府側と合意に至らなかった王子らの身柄は、検察庁に引き渡されるだろう」と述べました。

リッツカールトン・ホテル

さらに、「95人の王子らが依然としてリッツカールトン・ホテルに拘束中であり、そのうち5人は政府側の提案を受諾している」とし、それ以外の拘束者は現金や不動産などのほかの形で支払いをすることになるだろう」としています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26719334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-01-24 19:53 | 国際情勢 | Trackback