人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

名護市長選きょう告示/稲嶺ススム市長必勝へ6党が勢ぞろい

名護市長選挙は大激戦です。公明党が自民系候補に付く中で、予断を許しません。
新基地建設反対を貫く稲嶺ススム市長の三選を!





米軍辺野古新基地建設の是非を最大争点に大激戦となっている沖縄県名護市長選は、28日告示(2月4日投票)されます。27日、稲嶺ススム市長の応援のために日本共産党、立憲民主、民進、自由、社民の国政5野党と、沖縄社会大衆党の党首・幹部がそろい踏みしました。6党が沖縄問題で一致したのは初めてで、新基地建設反対を貫く稲嶺市長の3選を必ず、と訴えました。


写真

(写真)名護市長選、市議補選に勝利するためがんばろうと唱和する(左から)アシトミ、志位、小沢、屋比久、比嘉、稲嶺、川内、吉田の各氏=27日、沖縄県名護市

 この日始まった「名護さくら祭り」の多くの人出でにぎわった市街中心部。日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の川内博史常任幹事会議長、民進党の増子輝彦幹事長、自由党の小沢一郎代表、社民党の吉田忠智党首、沖縄社会大衆党の比嘉京子委員長代行らが、稲嶺市長とともに街頭に立つと、次々と通行人が足を止め、人垣が膨らみました。

 稲嶺市長は、普天間基地所属の米軍機の事故が続発する異常事態にも「だから早く辺野古に基地を移すべきだ」と強弁する安倍政権に対し、「事故は普天間の周辺だけではない」と批判。危険な新基地は「絶対に造らせない」と訴え、「名護を政府いいなりの出張所にするわけにはいかない。名護のことは名護市民が決める」と力を込めました。

 川内氏は、辺野古問題の争点化を避け、公開討論会を拒み続ける自民党候補について「(安倍政権の)うそと隠ぺい、ごまかしを象徴するかのようだ」と指摘。増子氏は稲嶺市長の勝利で「沖縄を変えて基地を止め、政治を変えていこう」と呼びかけました。

 小沢氏は「稲嶺市政の継続で市民の命と、くらし、平穏な沖縄の社会を守り、対等な日米関係を築く選挙」と力説。吉田氏は「最後まで『あの人の一票をあきらめない』を合言葉に、ともに頑張ろう」と訴えました。

 一方、自民党候補の陣営は同党の山本一太参院議員が街頭に立ち「もう背中が見え、並ぶところまで来た。ここからが勝負だ」と気勢を上げました。

志位委員長が訴え

 志位氏は、25日の衆院本会議で沖縄全土での米軍機事故の続発を告発した際、松本文明内閣府副大臣が「それで何人死んだんだ」とヤジを飛ばして辞任したことについて、「私に対するヤジであるだけではなく、県民に対するヤジです」と述べた上で、「辞めればすむ問題ではない。安倍首相の責任が厳しく問われます」と厳しく批判しました。

 志位氏は「安倍政権は米軍機が事故後、訓練を再開しても全て認めてきました。県民の声を踏みつけて辺野古新基地建設をごり押ししてきました。こうした姿勢が、あのヤジにつながったことは明らかです。稲嶺さんの勝利で、沖縄県民の人権も民主主義もないがしろにする安倍政権に厳しい審判を下そう」と訴えました。

 志位氏は、安倍政権丸抱えの相手陣営が「どんなに反対しても工事は止められない」とデマ宣伝を繰り返していることについて、「工事は止められない」どころか、着手できたのは護岸工事だけであり、それも総延長のうち4%だけしか進んでおらず、肝心の埋め立て工事は着手の見通しすらないとズバリ指摘しました。

 埋め立てに着手するためには、埋め立て予定地のど真ん中に流れ込む美謝(みじゃ)川の水路を変更しなければなりません。志位氏は「その権限をもっているのは名護市長です。辺野古新基地建設反対を貫く翁長雄志知事、稲嶺市長がいる限り、絶対に基地はつくれません」と力を込め、「再編交付金」に頼らずに市政を立派に前進させてきた実績を紹介し、必勝を訴えると、交差点をぎっしり埋めた聴衆から指笛と大きな拍手がわきおこりました。 志位委員長の訴え(要旨)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26810896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-01-28 12:48 | 沖縄 | Trackback