人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラク・アルヌジャバ事務局長、「アメリカ軍はテロを支援し、破壊の元凶になっている」

イラクでもアメリカ軍は嫌われているのが実態です。
イラク軍や遊牧民を殺害とは、誤爆というレベルなのですか?
心から、憤りを感じます!





  • イラクのアメリカ軍
    イラクのアメリカ軍

アメリカ軍のヘリコプターによるイラク西部への攻撃を受け、イラク・アルヌジャバのカアビ事務局長が、「イラク駐留アメリカ軍は、テロを支援し、破壊の元凶になっている」と強調しました。

アメリカ軍のヘリコプターは、27日土曜、イラク北部のアンバール州で、イラクの軍用車数台を攻撃しました。これにより、イラクの遊牧民勢力や治安部隊7人が死亡、11人が負傷しました。

アメリカ軍のヘリコプター

アルアーラムチャンネルが29日月曜に伝えたところによりますと、カアビ事務局長は、「アルヌジャバの戦闘員がアメリカ軍の攻撃を受けたことは、アメリカが破壊的な計画を続けようとしていることを示している」と語りました。

イラク・アルヌジャバのカアビ事務局長

カアビ事務局長はさらに、「アメリカ軍は、ISISが逃げる道を整えており、これまで、イラクにおけるアメリカ軍の存在は、肯定的な結果をもたらしていない」と語りました。

また、イラクの別の組織のカイス・ハズアリ事務局長も、以前、「ISISの軍事面での消滅後、アメリカ軍のイラク駐留は受け入れられない」と語りました。

アメリカは近年、テロとの戦いを口実に、これまで何度も、シリアとイラクで民間人を標的にしています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26824568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-01-30 20:55 | 国際情勢 | Trackback