人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

相撲協会理事選挙 落選の貴乃花親方を「悲劇のヒーロー」にしてはいけない

日本相撲協会の理事(候補)選挙。貴乃花親方1人が落選。貴乃花一門からは阿武松親方(元関脇・益荒雄)のみが
当選しました。副理事選挙では、無所属で貴乃花親方に元関脇・寺尾のしころ山親方が落選しました。

貴ノ岩関への日馬富士関による暴行事件で被害者側にもかかわらず理事を解任され、さらに理事選挙で落選。
貴乃花親方に同情が集まる可能性は高い。

もちろん、モンゴル力士の八百長や白鵬の張り手・かちあげなどは問題である。
反貴乃花急先鋒の春日野親方はかつて、暴行を栃ノ心らに行い、さらに弟子も弟弟子に暴行して
懲役3年、執行猶予4年の判決を受けていてそれを隠蔽した疑惑がある。この師匠にしてこの弟子、
という批判は免れないでしょう。

ただし、貴乃花親方も貴乃花親方です。
「日本国体を担う相撲道」などという発言をされている。
国体とは、国民体育大会のことではもちろん無く、国の形です。
それも、戦争放棄・基本的人権の尊重・主権在民の現行憲法の三本柱に象徴される国体では無く
戦前のような国体を指すことは文脈からも明らかです。

このような貴乃花親方が「悲劇のヒーロー」になることに、警鐘を鳴らさざるを得ません。

第一、張り手の濫用は、そもそも日本人力士の板井が有名でした。テープで掌をぐるぐる巻きにして
八百長に参加しない大乃国を何度も「KO」したのですから。暴行にしても、春日野親方を初め
日本人がやってきたことではありませんか?

一連の動きが、モンゴルバッシングにでも回収されたら、それこそ目も当てられません。

現在のモンゴルは、非核地帯条約を単独で宣言するなど、平和を愛する国でもあります。
朝鮮問題を初め、様々な場面で、日本としてもモンゴルにお世話になる場面も多くなるでしょう。

目も当てられないことにならないうちに、警鐘を鳴らしておきます。







日本相撲協会の任期(2年)満了に伴う理事候補選挙(定数10人、外部3人を除く)は2日、東京・両国国技館で投開票が行われた。立候補者11人のうち、元横綱・日馬富士の傷害事件への対応を巡って1月に理事を解任された貴乃花親方(45)=元横綱=が落選した。
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/26878340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-02-02 17:44 | スポーツ | Trackback