エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

サウジアラビアの戦闘機がイエメン・タイズ州を攻撃、7人が死亡

サウジアラビア王室空軍(国王・サルマン被疑者、皇太子・ムハンマド被疑者)による
イエメン侵略が続いています。





サウジアラビアの戦闘機が、イエメン南西部タイズ州を攻撃し、これにより、民間人7人が死亡、他数名が負傷しました。

イルナー通信によりますと、サウジアラビア軍の戦闘機は12日月曜夜、タイズ州で、ある井戸の周りに集っていた民間人らを爆撃しました。

サウジアラビアは、2015年3月からイエメンを攻撃し、同国を完全に封鎖しています。

この攻撃で、これまでにおよそ数万人が死傷したほか、数百万人が住む家を失っており、また同国のインフラが破壊されています。

この攻撃によりまた、イエメンは食糧や医薬品の深刻な不足に直面しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27058191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-02-13 21:20 | 国際情勢 | Trackback