人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

専守防衛は「戦略としては大変厳しい」というより「先制攻撃は絶対に取りえない」というべきだろう

安倍総理が専守防衛は「戦略としては大変厳しい」と答弁しました。

 「安倍晋三首相は14日の衆院予算委員会で、専守防衛の方針について「堅持する」と強調する一方で「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しいという現実がある」との認識を示した。

 首相は、専守防衛について「相手からの第一撃を事実上甘受し、国土が戦場になりかねないものだ」と述べた。また、ミサイル技術の進展で命中精度が高まっているとし、「攻撃を受ければ回避するのは難しく、先に攻撃した方が圧倒的に有利になっているのが現実だ」とも語った。

 その上で、相手の射程外から発射できる長射程の巡航ミサイルの導入について、専守防衛を堅持しつつ自衛隊員の安全を確保するために「必要不可欠」と強調。敵基地攻撃を目的としていないと説明した。

 一方、首相は日本のほぼ全域を収める北朝鮮の中距離弾道ミサイル「ノドン」について「すでに数百基配備されていると認識している」と述べた。核兵器が搭載可能かに関しては「確たることをお答えすることはできない」と述べるにとどめた。

 自民党の江渡聡徳元防衛相と、希望の党の後藤祐一氏の質問に対する答弁。」


純粋に「軍事ゲーム」としてだけ見れば、先制攻撃の方が有利に決まっています。
三国志のゲームをみても、そんなことは明らかです。
しかし、先制攻撃は、憲法はもちろん、国連憲章にも違反します。
そして、日本は、いまだに国連憲章の「敵国条項」により、敵国とされているのです。
そうした状況で先制攻撃を行えば、それこそ、他の国連加盟国が日本をフルボッコにする
口実を与えるだけです。
日本はその意味でも、特に、絶対に挑発に乗っては行けない。
そもそも、戦争というのは政治の失敗です。
そういう状況が起らないように立ち回るのに失敗したと言うことです。
そして、日本は、自国民に対しても、第二次世界大戦の補償はしていません。
反省を本当にはしていない、ということなのです。
そもそも「先制攻撃」は戦略としてはあり得ないのです。
なお、敵国条項の撤廃ですが、すでに国連総会では採択されていますが、各国の批准が遅れ、
発効していません。日本は第二次世界大戦を反省しているところをみせ、敵国条項
撤廃のお願いを国連加盟国に、きちんとして回るべきでしょう。
しかし、その反省がないように見えてしまうのが安倍総理たちなのですから、
話になりません。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/27068554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2018-02-15 13:52 | 国際情勢 | Trackback